腸内フローラのアスリート向けは?アスリート菌とデブ菌について

スポンサーリンク

内フローラはアスリートと関係あるのでしょうか?
最近では、アスリートも腸内フローラの重要性を理解している方々が増えてきているようです。
ここでは腸内フローラのなかでもアスリート菌とデブ菌に特化して解説してまいります。

こちらは読まれましたか?
⇒腸内フローラビオフェルミン

腸内フローラアスリート

腸内フローラアスリート

腸内フローラのアスリートとの関係性とは?

内フローラといえば、アスリートだけではなく人間の健康において重要な役割をになっていますので、
腸を整えていくことは大切だといえます。

特に身体を動かすことを主体としているアスリートやスポーツ選手は
腸内フローラを正常な状態に保つことは
良い結果を出すためには知っておく必要があるといえるでしょう。

腸内フローラの解析とアスリート菌とは?

腸内フローラを解析することで、AuB株式会社では選手のパフォーマンスをあげる研究をしているようです。

岡山大学でも、アスリート選手と食の関係性に注目し、
腸内細菌やアスリートの腸内環境の腸内フローラについて研究をしています。

具体的には日本のトップアスリートの便を調べアスリート菌を調べているとのこと。

このアスリート菌とは、一般人にはない腸内細菌のことを指します。
順天堂大学医学部教授で自律神経研究の第一人者である小林弘幸先生によって
“アスリート菌”の存在は海外でも実証されています。

実際に、プロラグビー選手は一般人の2倍も腸内細菌が多かったとの研究結果が出ているようです。

では、どうすればアスリート菌を増やすことができるのでしょうか?

これはアスリート選手だけではなく、一般の方も気になるところかもしれませんので、
少しだけ添えておくことにしました。

アスリート菌を増やすには?

アスリート菌を増やすということは、特に難しいことではありません。

結論からいえば、アスリートの選手達は一般人よりも、健康管理を徹底しているので
腸内フローラも多くなっている、ということになるでしょう。

アスリート菌を増やす具体的な方法については、
タンパク質、脂質、炭水化物、ミネラルとビタミンがバランスのよい食事を1日3回食べることです。

加えて納豆や漬け物、ヨーグルトなどの発酵食品を1日に何種類か取り、
同時に野菜、穀物、豆類など、食物繊維が豊富な食材をしっかり食べています。

一緒の方でも、健康かつ丈夫な身体を作っていくためにも、参考になるのではないでしょうか。

しかもそれだけではありません。
腸内フローラを正常な状態に保つ、ということは
メンタル面でもよい影響を与えることができるのです。

腸内フローラとメンタル面の関係性とは?

腸内フローラを正常な状態に保つことで、メンタル面が安定します。

そうすれば、本番の緊張も緩和できる可能性を飛躍的に高めることができるわけです。

この理由は、幸福物資として有名な脳内物質であるセロトニンが関係しています。
セロトニンは幸福感や安心感を感じさせる物資です。

スポンサーリンク

このセロトニンの量を腸内細菌が調整しています。

加えて、腸内フローラが安定することで、自立神経が安定するので
集中力を高めることも可能です。
実際にマウス実験でもセロトニンの量が多いとストレスが少ない
という研究結果も出ています。

アスリート菌とは逆ともいえるデブ菌をご存知でしょうか?

次にデブ菌について解説していきましょう。

腸内フローラのデブ菌とは?

内フローラのデブ菌とは、いったい何なのでしょうか?

腸内フローラのデブ菌とは、肥満の原因となる菌のことであり、
キチンとした定義があるわけではなく、
あえていうならば、善玉菌と悪玉菌のバランスが壊れることで、
悪玉菌が増えている状態だといってもいいでしょう。

デブ菌が増えるとどうなるのか?

体の外に排出すべきもの(脂肪・毒素など)も貯めこんでしまうことになります。
悪いものが身体の中にたまっていくので、単に肥満の原因となるだけでなく、
健康にも害を及ぼす可能性を高めているという恐ろしい性質もあるわけです。

そしてダイエットに挑戦しても、中々体重が減らない
少し食べると直ぐに太ってしまう、という原因にもなりかねません。
しかもメンタル面でも影響を与えてしまうのです。
これは幸福感の減少と不安感の増加を意味します。

では、デブ菌を減らすにはどうすればいいのでしょうか?

最後にデブ菌の減らし方について解説してまいりましょう。

デブ菌の減らし方

デブ菌の減らし方は簡単です。

最初に解説しましたアスリート菌を増やすことにヒントがあります。

つまり、一言でいうなら
腸内フローラを整えていくことこそが、デブ菌の減らし方となるわけです。

では、腸内フローラを整えていくにはどうすればいいのでしょうか?

それは食べ物や飲み物を管理していくことです。
そこで最後に補足として、腸内フローラを整えていくのによい食べ物を添えて締めくくりますね。

  1. 納豆
  2. ヨーグルト
  3. 野菜

この3つを毎日意識して摂取していくことです。

そして‥

適度な運動
これが1番です。

聞くと当たり前に思えるかもしれませんが、
何も考えずに暴飲暴食だけする習慣と、少しでも意識して栄養バランスを整えていく習慣では、
1年後にはどちらがスマートな身体で健康的な生活をおくれていく可能性が高いのか?

言うまでもないと思います。

しかし現実は厳しい面もあります。
なぜなら、”誰しも自分自身には甘い”といえるからです。

できるだけ面倒なことからは目を背けて楽に生きていきたい。
そんな思考を持つ一面を持ち合わせているわけです。
これはアスリート選手にしても例外ではありません。

今の世の中、こんなにも美味しい食べ物で溢れかえっているわけですから‥

ではアスリート選手と一般人の違いとは何なのでしょうか?

目的意識もありますが、何といっても、
専属のトレーナーやコーチがついて管理してくれている
という一言につきると思います。

では、一般人には無理でしょうか?

そんなことはありません。
実は管理してアドバイスやサポートしてくれる人は
意外と身近にいるのです。

あなたも、そんな身近なあなた専用のサポーターが欲しいと思いますよね。
では早速、ヘルスケアコンサルタントへ今すぐご相談してみます‥

 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ