腸内フローラはアトピー性皮膚炎にいいのでしょうか?

スポンサーリンク

内フローラがアトピー性皮膚炎によいという話を聞くと思います。
ここでは腸内フローラがアトピー性皮膚炎に効くというのが本当なのか?ということとその根拠を解説していきましょう。

こちらは読まれましたか?⇒腸内フローラ健康法

腸内フローラ アトピー性皮膚炎について

腸内フローラとアトピー性皮膚炎の関係性とは?

腸内フローラとアトピー性皮膚炎の関係性とは?
なぜ、アトピー改善に腸内フローラがいいのでしょうか?その謎を解明してまいりましょう。

 

腸内フローラがアトピー性皮膚炎によいといわれている理由

内フローラがアトピー性皮膚炎によいといわれている理由について、解説してまいります。

アトピーとはアレルギー疾患のことですが、アトピー性皮膚炎とは皮膚の疾患のことです。

結論からいえば、腸内フローラがアトピー性皮膚炎によい理由とは、美肌効果を期待できるからということになります。

腸内環境をよくすることで、免疫力アップやダイエットや便秘の解消だけではなく肌の調子もよくなるといわれているのです。

ではなぜ、腸内フローラを改善し整えることで美肌効果が生まれるのでしょうか?

腸内フローラの改善が美肌効果をうむ理由とは

腸内フローラが美肌効果によい理由については、腸内フローラを整えるといえば乳酸菌が頭に浮かぶと思いますが、乳酸菌生成物質の1つであるエクオールが、大豆をもとに作られる女性ホルモンに似た成分により、「シワを薄くする」「更年期障害を軽減する」「美肌に効く」といった研究結果がでているからです。

しかし乳酸菌の前に乳酸菌を無駄にしないために摂取する必要があるものがあります。

それは‥

植物繊維をとることです。
植物繊維とは、人の消化酵素によって消化されない、食物に含まれている難消化性成分の総称です。
その多くは植物性、藻類性、菌類性食物の細胞壁を構成する成分ということですが、植物の貯蔵炭水化物の中にはグルコマンナンやイヌリンの様に栄養学的には食物繊維としてふるまうものも少なくありません。

具体的には、寒天とか押し麦などに含まれています。
乳酸菌飲料に米ぬかを入れて飲む方もいらっしゃるようです。

では、乳酸菌飲料ではどのようなものがいいのでしょうか?

スポンサーリンク

アトピー性皮膚炎によい乳酸菌飲料とは?

アトピー性皮膚炎の対策におすすめできる乳酸菌飲料を2つだけ添えておきましょう。

それは、明治のR1ヨーグルトとカルピス社が出しているL92乳酸菌です。

腸内フローラのバランスをとるためには悪玉菌以上に善玉菌を増やしていく必要がありますので、乳酸菌やビフィズス菌を積極的に取り入れていきましょう。

ちなみにビフィズス菌にはヤクルトもおすすめです。

他にはビフィズス菌の餌となるオリゴ糖や乳酸菌革命などのサプリメントも検討していくといいでしょう。

アトピー性皮膚炎のアトピーとは不思議という意味ですが、現在の医学でもその原因は解明されていません。

ホコリやダニなどの他にも、ストレスも要因の1つとして考えられているようです。

腸内フローラを整えて改善していくということは、ストレスの軽減にもつながっていきますので、あまり細かく考えすぎてしまうと悪循環に陥ってしまうおそれもあります。

ヨーグルトなども積極的に取り入れ楽しみながら解消していきましょう。

アトピー性皮膚炎には肌の乾燥もよくありません。。
このことについては、肌フローラの状態を知っておく必要があります。

では肌フローラとは何のことでしょうか?

肌フローラについて

フローラとは、腸内フローラ同様に皮膚に棲む菌(=皮膚常在菌)の生態系のことをさします。

人の肌には一般的には7~10種類の菌がいるといわれていますが、この肌フローラのバランスが肌の状態に関係しています。

では何のバランスでしょうか?

それは美肌菌と悪玉菌のバランスとなります。

美肌菌とは、「表皮ブドウ球菌」のことです。
皮膚常在菌の一種であり、表皮ブドウ球菌は皮膚の上で汗や皮脂を食べグリセリンを排泄します。
グリセリンとは肌の潤いを保つ働きのある成分のことです。

他にもアクネ桿菌というものがあり、アクネ桿菌とはニキビの原因となりうるもので嫌気性菌(酸素を嫌がる菌)ともいわれていますので、毛穴が詰まっている状態であれば、皮脂を材料に増殖してしまいます。

ということで、肌フローラの状態を美肌菌を増やしバランスよく保つための方法をまとめておきましょう。

水洗いすることを心がけ毛穴がつまらないようにし、乳酸菌などを摂取していくよう心がけていくこと、ということになります。

 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ