腸内フローラエクオールって何のこと?

スポンサーリンク

内フローラのエクオールとはいったい何なのでしょうか?
NHKでも特集があった腸内フローラのエクオールについて解説してまいります。

こちらは読まれましたか?⇒腸内フローラを整えるには?

腸内フローラエクオール

腸内フローラエクオールとはこれだ

内フローラエクオールをご存知でしょうか?

エクオールの解説から増やす方法まで解説してまいりましょう。

腸内フローラのエクオールとは?

腸内フローラのエクオールとは、何なのでしょうか?

エクオールとは、大豆イソフラボンと同じく腸から吸収されて体内で作用した後、半日程度で尿から排泄されるものです。

腸内細菌で大豆イソフラボンが作られることをスーパーイソフラボン「エクオール」といいます。

ゲニステイン、ダイゼインなどのイソフラボンには、エストロゲン(女性ホルモン)様の作用が含まれているようです。

特に大豆イソフラボンは、女性ホルモン「エストロゲン」と似た化学構造と働きをしますので、
この理由でエクオールには更年期障害を緩和する効果も期待されています。

腸内フローラエクオールの効果は?

腸内フローラエクオールの効果については、女性の更年期障害だけではなく骨密度に対しても高い効果を示しています。

目尻の進行のシワを抑えるとも言われています。

女性ホルモンが髪の毛を濃くする働きも期待できるので、男性にも効果が期待できるでしょう。

他には、血流改善効果、バストアップ効果、生理不順改善効果、癌やメタボリック症候群(内臓脂肪症候群)の予防にもつながりがあります。

では、エクオールを増やすにはどうすればいいのでしょうか?

腸内フローラのエクオールを増やす方法

内フローラのエクオールを増やすにはどうすればいいのでしょうか?

エクオールを増やすには、次の食べ物から摂取可能です。

納豆、豆腐、おから

日々の食事の際に、この中の1つを一品追加していくだけでも、エクオールを増やすことになります。

スポンサーリンク

具体的には、エクオール産生菌と呼ばれる腸内細菌により、食べた大豆イソフラボンをエクオールに変換してくれるのです。

つまりイソフラボンを摂取するだけではなく、エクオールを腸内でつくる必要があります。

では、エクオールを腸内でつくるにはどうすればいいのでしょうか?

エクオールを腸内でつくるには?

エクオールを腸内でつくるには、腸内を活性化させることです。

そうすることでエクオール産生菌が増えエクオールをつくることができるようになります。
腸を活性化させるとエクオールを多くつくることで増やしていけるようになるのです。

では、どうすれば腸内を活性化させることができるのでしょうか?

腸内を活性化させるには

腸内を活性化させるのは簡単です。豆類や食物繊維をとることです。

調査データなどをみると最近では、高齢の方よりも逆に若者の方が身体が弱くなっている傾向も伺えます。

色々な原因が考えられますが、その中もジャンクフードの影響により若者が豆類や食物繊維を取る機会が減ってしまったことも考えられます。

ジャンクフード(英: junk food)とは、栄養価のバランスを著しく欠いた食品のこと。 高カロリー、高塩分だが、他の栄養素であるビタミンやミネラルや食物繊維があまり含まれない食べ物。~wiki

それに加え、ストレスも大きな要因となっています。
ストレスは腸内の活性化を大幅に抑えてしまうわけです。

この原因も、仕事や娯楽で身体を動かす機会が減ってしまったことが考えられます。

NHKで特集された腸内フローラのエクオールについて

NHKでも腸内フローラのエクオールは特集されたようです。
NHKで取り扱った腸内フローラの内容を簡単にまとめてみました。

こちらです。
⇒腸内フローラNHKまとめ
エクオールに焦点をあててまとめると、腸内フローラのエクオールが主にお肌のシワ減少により老化防止に役立つことが述べられました。

腸内フローラのエクオールについてまとめると、
豆類や食物繊維をたっぷりととり、適度に身体を動かしましょう
ということになります。

腸の調子を整えていくことが全ての健康の源です。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ