腸内フローラを整える医薬品をまとめました

スポンサーリンク

内フローラを整えてくれる医薬品をまとめましたので、
参考にされた上で、ご自身に合ったものを選択していくようにしましょう。
こちらは読まれましたか?
⇒腸内フローラのアスリート向けは?アスリート菌とデブ菌について

腸内フローラ医薬品

腸内フローラを整えてくれる医薬品のまとめ

内フローラを整えてくれる医薬品はいくつか販売されています。
医薬品と一言でいっても、一般に市販されているものと、
お医者さんから処方されるものがありますので、
商品の良し悪し自体ではなく、今の体調に適したものを選ぶことが肝心です。

腸内フローラ関連の医薬品の種類

腸内フローラの医薬品の種類については、大きく分けて2種類あります。

医薬品と一言でいっても、一般に市販されているものと、
お医者さんから処方されるものです。

ビオフェルミンを例にだすなら、
ビオフェルミンSは市販されている医薬品ですが、
ビオフェルミン錠剤はお医者さんの処方箋が必要です。

違いを一言でいうなら、ビフィズス菌の量が6倍も含まれている
ということなので、とりすぎにも注意する必要がある医薬品ということで、
ビオフェルミン錠剤はお医者さんの処方箋が必要ななのです。
詳しい解説はこちらをご参考ください。
⇒腸内フローラビオフェルミン

腸内フローラ医薬品の選び方

腸内フローラ医薬品の選び方として、1つ1つの医薬品を解説するよりも、
まずは分かりやすく、大まかな目安を提示しておきましょう。

まず市販の腸内フローラ医薬品では、成分が比較的少なめに入っていますので、
副作用の可能性が低いといえます。代わりに効き目もそれなり、ということです。

逆にお医者さんが処方される腸内フローラ医薬品においては、
第1類医薬品となりますので、高い効果を期待できる代わりに副作用の心配もあります。
これはお医者さんの言うことをしっかりと聞きながら服用することで解決します。

ということで、あなたの現在の状態がどの程度なのか?
これを目安にして判断すると良いといえるでしょう。

例えば、ただ単に最近便が柔らかいあるいは便秘ぎみ、という理由で
腸内フローラを整えてみるため医薬品を探しているのなら、
市販の医薬品から試されてみてもいいと思います。

しかし長年苦しんでいる、あるいは強い痛みを感じるなどの状態でしたら、
1度お医者さんに診てもらった方が、解決の近道になるかもしれません。

もちろんその際には、セカンドオピニオンも含め検討された方がいいといえるでしょう。

ここからは、市販の医薬品に絞って、
腸内フローラなら、どの医薬品がいいのか?
という目安をお伝えしていくことにします。

腸内フローラ医薬品の選び方

腸内フローラ医薬品の選び方としては、まずは結論からお伝えします。

スポンサーリンク

結論からいえば、細かい部分を除き、そこまで大きくは変わらないということです。
この理由は、第二類医薬品にそこまで変化(差が)があるまで成分が多く含まれることは
考えにくいからです。
※赤ちゃんや身体の弱ったご老人の場合は慎重に専門家へ相談しながら服用しましょう

違うのは、その医薬品メーカーの宣伝のやり方です。

例えば、アフィリエイトを使用しているメーカーでしたら、
紹介するアフィリエターは、いろいろな医薬品を紹介しながら、
売りやすさ(認知度など)と紹介料を含め選択したものを1番だと紹介するでしょう。

これは腸内フローラだけに限りませんし、アフィリエイトだけではなく、
一般の医薬品販売店も同じことがいえます。

あなたにはこんな経験がありませんか?

それは医薬品販売店で、高い医薬品を積極的に勧められた経験です。
これは分かりやすく極端に書きましたが、
現実として「どの医薬品がいいのか?」以前に、
推奨しているものを勧めるのは当然だといえるでしょう。

ということで、それらの情報に惑わされることなく、
本当の意味で、あなたの”今の状態に合った”医薬品を選んでいくことが必要です。

しかし、それが分からないから困っている(調べている)
お医者さんを頼るほどではない。ということでしたら、
今のあなたの状態とどのような状態になりたいのか?
詳しい希望を添えていつでもご相談ください。
⇒腸内フローラ改善の相談詳細はこちら

他の人に良くても、あなたに良いとは限りませんので、
出回っている情報だけに振り回されないことが先決です。

それでは最後に、市販の腸内フローラ一覧をご紹介しておくことします。

腸内フローラ医薬品一覧

内フローラ関連の医薬品一覧はこちらです。

  • ザ・ガードコーワ整腸錠
  • 新ビオフェルミンS
  • ファスコン整腸剤プラス
  • エビオス錠
  • ヤクルトBL整腸錠
  • 太田胃散整腸薬
  • 乳酸菌革命
  • ラクトフェリン
  • ビフィーナS

最後になりますが、お医者さんが処方する医薬品含め、
症状が緩和したり改善するのは、ラポール効果の影響が大きいと言われています。

つまり専門のお医者さんでされ、「おそらくこれだろう」とこれまでの経験と知識を頼りに
悪くいえば当てずっぽうで処方しているわけです。

もちろんそれは、できるだけ副作用がないように考えて処方されているわけですが、
それでも完治する理由は、後光効果といって、
白衣を着たお医者さんに言われることで説得力が増し、
それをあなたが強く信じることで、ラポール効果が発生し
結果、あなた自身の力(免疫力など)で治している
ということになります。

ということで、先程ご紹介した医薬品一覧も同じです。

いくつか試してみて、あなたが「これはいいな」と思ったものが、
結局のところあなたに合うもの、ということになります。

そこへ客観的なアドバイスやサポートが欲しい時には、
専門家へ相談するのが1番、ということです。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ