腸内フローラと便秘、隠れた腸内フローラの便秘解消法

スポンサーリンク

内フローラと便秘の関係性について解明してまいります。便秘を本気で治したいかたは必見です。

こちらは読まれましたか?⇒腸内フローラの意味について

腸内フローラと便秘について

腸内フローラで便秘は解消できるのか?

腸内フローラでほんとに便秘は解消できるのでしょうか?
腸内フローラと便秘の関係性について、その嘘と真実を解明してまいりましょう。
ここでは腸内フローラを整えることで便秘を解消する方法を知ることができます。

腸内フローラと便秘について

内フローラとは腸内細菌の生態系や状態のことを指します。
この細菌は「常在菌」と呼ばれ、人間と共存関係にあり、なくてはならない存在です。

腸内フローラの状態はそのときどきの食生活や生活習慣、年齢、ストレスなどによっても
影響を受け変化するため、人によって状態が違うのです。

健康な人の腸内は、善玉菌が悪玉菌を抑える形で腸内フローラが一定のバランスで維持されていますが、
腸内環境のバランスが崩れ、悪玉菌が優勢となってしまうと、腸の働きは鈍くなり、便秘の原因となります。
便秘になると腸内で便が滞留する時間が長くなり、悪玉菌が出す有害物質が吸収されやすくなります。

悪玉菌が多くなると、腸の蠕動運動が停滞し、悪臭を持ったガスも発生します。
おならが臭いときには悪玉菌が優勢になっている可能性が高いといわれますね。
また便秘だけではなく、免疫力が低くなりアレルギーを起こしやすくなったり、
風邪やインフルエンザに罹りやすくなったり、ガンに対する抵抗力が弱くなる等、身体に様々な悪影響を及ぼします。

腸内細菌のバランスが善玉菌優勢になっていれば、腸内の乳酸菌により乳酸が生産され、
乳酸により腸が適度に刺激を受けて蠕動運動が活発になり、排便が促されます。
すると、便が速やかに排泄されることで有害物質の吸収がされにくくなりますので便秘が解消されます。

腸内細菌のバランスを理想的な状態に保つことが非常に大切です。

腸内フローラと便秘の解消について

腸内細菌には、善玉菌、悪玉菌、そして日和見菌の3種類があり、
理想的な腸内フローラの状態は善玉菌2割:悪玉菌1割:日和見菌7割といわれます。

善玉菌を増やし、細菌のバランスを良好な状態にして便秘の解消をするためには、
善玉菌が活性化し、悪玉菌が活性化しない腸内環境に整える必要があります。
悪玉菌はアルカリ性の環境を好みますので、腸内を酸性に傾けることが非常に有効です。

スポンサーリンク

腸内フローラのバランスがよい人の便はも形も良好で、特に量も多いものです。
便の色や量は健康状態の重要な目安となります。

まずは便の状態を見て、自分の腸内環境がどうなっているかを把握し、
食生活や生活習慣を改善していくことが大切です。
悪玉菌は肉類とお酒が大好物ですので、肉中心の食生活やお酒を飲みすぎる生活をしていると、
悪玉菌が増えてしまいます。

理想的なバランスをたもつには、肉類よりも野菜、そして水溶性の食物繊維やオリゴ糖を積極的に摂取しましょう。

腸内環境を整えるためにはヨーグルトが有効とされていますが、それはヨーグルトに含まれている乳酸菌が善玉菌の代表格だからです。

乳酸菌はヨーグルトだけでなく乳酸菌発酵をした食品(お味噌汁・漬物、納豆)にたくさん含まれています。
乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌は乳酸や酢酸など酸を作って、腸内を酸性に傾けてくれるだけでなく、
酸が腸に刺激を与え蠕動運動を活発にし、便秘を解消してくれますので毎日の食生活に取り入れましょう。

腸内フローラと便秘によい食品

便秘によい腸内フローラとはどんな食品が挙げられるのでしょうか?

有名なところでは、ヨーグルトだと思います。
菌でいえばビフィズス菌ですね。

他にもオリゴ糖や食物繊維などもいいようです。

それと腸内フローラにいい食品といえば、
健康補助食品であるサプリメントもあります。

乳酸菌など、腸内の善玉菌を活性化させる菌やそれらを含む食品や製品には、
生きて腸まで届く乳酸菌やビフィズス菌などを含むヨーグルトや乳酸菌飲料、乳酸菌サプリ、
チーズ、ぬか漬け、味噌、キムチ等があります。

胃酸で分解・吸収されず腸まで届き、善玉菌のエサとなって活性化させる食品には、
オリゴ糖や水溶性の食物繊維が豊富なゴボウ、ニンニク,タマネギ、大豆、ハチミツ、きな粉等があります。
そして更に効果が期待できるのは、腸内に住んでいる善玉菌の働きを助け、
活性化させる有用菌と善玉菌のエサとなって活性化される食品を両方ともに摂る食生活です。

乳酸菌は種類もたくさんあり、人それぞれのお腹に合う合わないといった相性があります。

自分に合った乳酸菌を摂取することが大切ですので、
「なるべく多くの量をとる」「なるべく多くの種類を摂る」ことで自分に合うものを探してみましょう。

また、毎日継続して摂るということも非常に大切なポイントです。。

摂取した乳酸菌は腸内に長期間留まることは無いため、いずれ便と一緒に排出されてしまいます。
常に摂り続けていないと腸内フローラの良好なバランスを保ち続けることはできないのです。
毎日継続して摂取することを心がけましょう。

その為には気軽に摂取できる乳酸菌サプリなども活用し、継続して摂取していくための工夫も大切です。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ