腸内フローラを増やす食べ物で腸内をパワーアップ!

スポンサーリンク

内フローラを増やす食べ物をご紹介してまいりましょう。
腸内フローラはドンドン増やしていくことでアスリート菌が増えて強力になっていきます。
こちらもどうぞ⇒腸内フローラの効果とは?仰天の腸内フローラの効果について

腸内フローラを増やす食べ物について

腸内フローラを劇的に増やす食べ物とは‥

腸内フローラを増やす食べ物をまとめてみました。腸内フローラを増やす食べ物は数多くあります。
その中でも注目すべき食べ物を集めました。

腸内フローラを増やす食べ物について

間の腸の中にはいろいろな腸内細菌が種類ごとにまとまった状態でびっしりと生息しています。
腸内細菌の群集全体を「腸内フローラ」と呼んでいます。
定着している常在菌は腸内で絶えず増殖を続けて複雑な生態系を構築します。

腸内細菌の理想的な割合は、善玉菌が20%、悪玉菌が10%、日和見菌が70%といわれていて、
善玉菌のほうが多い状態というのは、腸の中が酸性になっている状態です。
消化・吸収をスムーズに行うには、酸性であることが大切です。

腸内フローラの増やし方についてですが、善玉菌を増やし、
悪玉菌を減らす食べ物を使った食事を摂ることです。

偏食は特定の種類の腸内細菌が突出して増えることにもつながりますので、
出来る限り様々な種類の食べ物を食べる事が腸内フローラの改善につながります。
善玉菌(乳酸菌・ビフィズス菌)の数を増やすことによって、腸内フローラをよくしましょう。

腸内フローラを増やす食べ物とは?

腸内フローラの環境を改善したい場合、腸内フローラを増やす食べ物の食材のポイントは3つあります。
その3つとは食物繊維・発酵食品・オリゴ糖です。

腸内フローラを増やす食べ物である発酵食品は腸内に元々棲む善玉菌を活性化する働きをします。

腸内フローラを増やす食べ物である食物繊維は善玉菌のエサとなり腸内の善玉菌を増やす働きをします。
腸内腸フローラを増やす食べ物であるオリゴ糖は胃や小腸で吸収されることなく大腸まで達してビフィズス菌のエサになってくれます。

スポンサーリンク

ヨーグルトや発酵食品等に含まれる乳酸菌を腸まで届かせて善玉菌の数を増やすと同時に水溶性食物繊維やオリゴ糖で悪玉菌の繁殖を防ぐことで理想的な腸内フローラのバランスに近づくのです。

腸内フローラが理想的なバランスに近づくと、便秘や下痢が解消され、健康的な腸内環境になり、ダイエットにもつながります。

腸内フローラを増やすにはこの3つの食べ物、食材をうまく日常生活の食事に取り入れることが重要で、
善玉菌のエサとなる食物繊維・オリゴ糖は3食必ず摂るようにし、
善玉菌の助けになる発酵食品は腸の動きが活発な夕食時に数種類摂ることが好ましいです。

腸内フローラを増やす食べ物を食事から摂取するのがベストなのですが、これがなかなか難しいというヒトもいますので、
手軽に摂取できるようなサプリメントをとりいれることも大切です。

腸内フローラを増やす第一選択肢は食べ物からですので、あくまで補助的なものとしてとりいれるようにしましょう。

腸内フローラを増やす食べ物のサプリは複数の乳酸菌が入っているサプリやオリゴ糖が配合されているサプリがおすすめです。
腸内細菌には個人によって個体差があります。

乳酸菌にも自分のお腹との相性がありますので、目安としては3日で終わらずに
まずは1ヶ月程度同じサプリを飲んでみて身体やお肌の状態を見ながら
お通じやお腹の様子をみることが大切です。
そして自分にあったものを見つけたらじっくりと善玉菌の勢力が強くなるまで長期的に続けていくことが重要です。

腸内フローラを増やす食べ物の紹介

最後に腸内フローラの環境を整え、増やす効果のある食べ物や食材を紹介します。

◎乳酸菌を含む食べ物→チーズ、ヨーグルト、みそ、漬物、日本酒、甘酒など

◎酵母菌を含む食べ物→ワイン、日本酒など

◎こうじ菌を含む食べ物→みそ、しょうゆ、米酢など

◎納豆菌を含む食べ物→納豆

◎酢酸菌を含む食べ物→お酢

◎グルタミンを含む食べ物→牛乳、チーズ、大豆、きなこ、かつおなど

◎オレイン酸を含む食べ物→ひまわり油、オリーブオイル、ヘーゼルナッツなど

◎オリゴ糖を含む食べ物→玉ねぎ、ゴボウ、白ネギ、トウモロコシ、アスパラガスなど

◎マグネシウムを含む食べ物→大豆、海藻、魚介類など

◎食物繊維を含む食べ物→海藻、こんにゃく、納豆、きのこ、オートミール、らっきょうなど

上記の腸内フローラを増やす食べ物をバランスよく毎日の食事にとりいれる工夫をしましょう。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ