腸内フローラ改善レシピのイチオシ

スポンサーリンク

腸内フローラ改善レシピについて

腸内フローラの改善レシピについて

トが健康を維持するうえで、腸内環境はとても大切です。
腸を元気にするためには、やはり食事が大事になってきます。

腸内フローラを改善させるには、善玉菌を含む食材、そして善玉菌のエサとなる食材を積極的に取入れることが効果的です。

細胞再生があるため、例えば乳酸菌などを摂取してもずっと腸内に留まる訳ではなく、寿命を迎えたら排泄されてしまうので、自分の腸内環境が良いか悪いかにかかわらず、善玉菌優勢の腸内環境に整える食材を意識して、毎日補充することが大切なのです。

腸内フローラのバランスを整えるレシピは和食中心がとてもよいと言われています。
たとえば、毎朝のお味噌汁に、お豆腐、わかめ、お野菜をたっぷり入れて具沢山味噌汁にして、
後はキムチ納豆を食べるだけでも腸内環境は違ってくると思います。

腸内フローラの環境を改善したい場合、食材のポイントは3つあり、食物繊維・発酵食品・オリゴ糖です。
この3つの食材をうまく日常生活の食事に取り入れることが重要で、善玉菌のエサとなる食物繊維・オリゴ糖は3食必ず摂るようにしましょう。

チーズやヨーグルト、乳酸菌飲料などに含まれる乳酸菌は整腸作用があり、悪玉菌の増殖を抑えてくれます。便秘を予防したり、コレステロールを低下させるなどの効果も期待でき、納豆や根菜類に含まれる食物繊維をとることも大切です。

また腸内環境に悪いとされる、肉などでも腸内細菌には必要だという菌も中にはありますので、偏らず様々な食材をバランスよく毎日摂取することが大切なのです。

腸内フローラを増やすためには、乳酸菌を多く含む発酵食品を摂るのがオススメですが、その効果的な摂り方の情報が紹介されていました。

腸内フローラを改善する効果的な食べ方としてはヨーグルト・チーズ・味噌・漬物の4つの乳酸菌食材を一緒に食べるということなのです。
これら4つの乳酸菌食材には複数の乳酸菌が含まれていて、人によって効果のある乳酸菌とそうでないものがありますが、4つの乳酸菌食材を一緒に摂ることで相性の良い菌を見つけやすいためです。

料理研究家の奥薗壽子さんが4つの乳酸菌食材を一気に摂れる夢のレシピを考案しています。
同時に複数の乳酸菌を摂ることで菌同士が刺激しあい、腸が活発化して腸内フローラをより美しくしてくれる効果が期待できます。
腸活の一環として料理研究家の奥薗壽子さん「腸内フローラを改善するレシピ」をご紹介したいと思います。

こちらは読まれましたか?
⇒腸内フローラ痩せる菌とは?腸内フローラの痩せる菌でダイエット

腸内フローラ 改善レシピ①

奥薗流トマトと豆のピリ辛鍋レシピ

奥薗流トマトと豆のピリ辛鍋
材料(2人分)
白菜キムチ 100g
ゆで大豆 100g
なめこ 1袋
昆布 1×10cmを1枚
ピザ用チーズ 50g
ちりめんじゃこ 10g
にんにく(すりおろし)1かけ
トマト 2個
オクラ 8本
ヨーグルト 大さじ2
みりん 大さじ1~2
味噌 大さじ1
ごま油 適宜
【作り方】

スポンサーリンク

トマトをざく切りにし、オクラを小口切りにする。
ボウルに1のトマト、オクラの半量、ゆで大豆、白菜キムチ、にんにく、昆布(ハサミで細切りにして)、ちりめんじゃこ、なめこを入れ軽く混ぜ合わせる。
別な入れ物に味噌・ヨーグルトを入れて混ぜ合わせ、みりんを少しずつ加えてのばし、調味料を作る。
2を2つの器(2人分なので)に盛り付け調味料をかけ、ピザ用チーズと半量取っておいたオクラをトッピングする。
ラップをして電子レンジ(600W)で3分加熱する。
取り出したら、ごま油を適量回しかけて完成です!

腸内フローラ 改善レシピ②

奥薗流 長芋サラダ乳酸菌たっぷりソースレシピ

レモン汁の酸味を効かせることで乳酸菌食材の旨味を引き出したレシピです。
ぬか漬け入りの洋風タルタルソースが味の決め手で、このソースは普通のタルタルソース同様に白身魚のフライにかけたりするのもオススメです。
奥薗流 長芋サラダ乳酸菌たっぷりソース

材料(2人分)
きゅうりのぬか漬け 1本
レモン汁 1/2個分
アボカド 200g
長芋 200g
ミニトマト 1パック
青シソ 20枚
きゅうり 1本
塩 少々
胡麻 大さじ2
オリーブオイル 大さじ1
ヨーグルト 大さじ3
粉チーズ 大さじ1
味噌 大さじ1
【作り方】

きゅうりのぬか漬けを薄い輪切りにする。
ボウルにヨーグルト・味噌を入れてよく混ぜ、そこに粉チーズを加えてさらにしっかり混ぜる。
レモン汁を加えて混ぜたらオリーブオイルも加えて混ぜ合わせる。
1のぬか漬けを加えて混ぜ合わせてソースの完成。
アボカドを一口大にカットし、青シソはざく切りにする。
長いもの皮をピーラーで剥き、ポリ袋に入れて麺棒で叩く。
半分に切ったきゅうりも1本分入れてて叩く。
※長芋の横の余ったスペースで叩きます。
ボウルに長芋・きゅうり・ミニトマトを入れて混ぜ、塩で味を調える。
器に盛り付け、4のソースを回しかけゴマをトッピングしたら完成です!

腸内フローラ 改善レシピ③

奥薗流トマトチキンカレーレシピ

奥薗流トマトチキンカレー
材料(2人分)
ごはん 茶碗2杯分
鶏もも肉 250g
きゅうりのぬか漬け 1本
レモン汁 1/2個分
シメジ 1パック
ニンニク 2かけ
トマト 2個
タマネギ 2個
カレー粉 大さじ2
コショウ 適宜
塩 適宜
ヨーグルト 100g
昆布 1×10cmを1枚
味噌 大さじ1
粉チーズ 大さじ2
オリーブオイル 適宜
【作り方】

鶏もも肉を一口大に切り、塩コショウで揉みこんでおく。
トマト2個をざく切りにし、タマネギは薄切りにする。ニンニクは粗みじん切りに。
フライパンにオリーブオイルをひき、鶏もも肉の皮目を香ばしく焼く。
皮目に焼き色がついたら一旦取り出す。
鶏の油が残ったフライパンに玉ねぎとニンニクを入れてタマネギが飴色になるまで中火で炒める。
タマネギは触りすぎず焼き付ける感じにする。
タマネギに焦げ目がついた部分が出てきたら、焦げた部分めがけて水を少量かけコゲを取り除くように全体を炒め合わせると早くあめ色になる。

タマネギが飴色になったらカレー粉(大さじ1)を加えて混ぜ合わせ、1のトマトを加えて軽く炒める。
軽く炒めたらヨーグルト・味噌・粉チーズ・鶏もも肉・小房に分けたシメジ・昆布を加え、フタをして5~10分煮込む。
煮込んでいる間に きゅうりのぬか漬けを食べやすい大きさに切り、レモン汁で和えてピクルス風にしておく。
煮込んだカレーに残りのカレー粉(大さじ1)を加え、塩コショウで味を調える。
完成したカレーを器に盛り付け、ぬか漬けピクルスを添えれば完成です!

⇒腸内フローラレシピのまとめ

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ