腸内フローラと自閉症について~腸-脳相関とは?

スポンサーリンク

内フローラと自閉症には関係があるのでしょうか?ここでは腸内フローラと自閉症の関係性について解説してまいます。

こちらもどうぞ⇒腸内フローラはアトピー性皮膚炎にいいのでしょうか?

腸内フローラと自閉症について

腸内フローラと自閉症について

腸内フローラと自閉症は実は密接な関係があるのをご存知でしょうか?
ここでは腸内フローラが及ぼす自閉症への影響についてまとめてまいります。

腸内フローラが自閉症に及ぼす影響とは?

内フローラが自閉症に影響を及ぼしていることはあまり知られていません。
実は 脳内で働く神経伝達物質”セロトニン”が深く関わっているのです。

では、セロトニンとは何でしょうか?

セロトニンとは?

セロトニンとは、3大神経伝達物質の1つといわれています。
3大神経伝達物質とは、ノルアドレナリンとドーパミンそしてセロトニンです。

この中でも特にセロトニンについては、精神面に大きく影響を与える物質といわれています。
心の安定や安らぎなども関わっているので、幸せホルモンまたは恋愛ホルモンともいわれています。
幸せホルモンとは他にもオキシトシンがありますが、幸せや愛情を感じることから、他人への理解や自己認識も関係があるわけです。
この物質は特に自閉症や出産において研究が行われています。

この理由で、セロトニンやオキシトシンが不足することで、うつ病や不眠症などの精神疾患に偏りやすい傾向も指摘されているようです。

ノルアドレナリンとは?

ノルアドレナリンとは、別名怒りホルモンともいわれており、やる気や意欲を高めることに関係しています。
他にも不安や恐怖や緊張などの感情が含まれる精神状態とも深い関係があるわけです。

スポンサーリンク

ドーパミンとは?

ドーパミンにつきましては、ドーパミンとは他の物質と違い快感や運動調節と関わりが深い脳内ホルモンとなります。
ちなみに主に、顔の表情が乏しくなり、手足がふるえる(振戦)、動きが遅くなる(無動)、筋肉が硬くなる(固縮)、体のバランスが悪くなる(姿勢反射障害)、といった症状がみられるパーキンソン病は、ドーパミン不足により起きやすいともいわれているようです。

 

それでは、これからの脳内ホルモンと腸内フローラにはどのような関係があるのでしょうか?

腸内フローラと自閉症などの脳内ホルモンの関係性について

内フローラと自閉症などの脳内ホルモンとの関係性について解説してまいります。

脳と腸が関係していることを専門用語で”腸-脳相関”と呼ばれてはじめているようです。

腸-脳相関とは?

腸と脳が神経系やホルモンやサイトカインなど共通の情報伝達物質と受容体を介することで、双方向的なネットワークを形成していることや脳が関係する腸管刺激因子に対して腸内細菌がその刺激を調整していることなどと、神経の発達障害や脳の発達と行動に腸内細菌叢が影響を与えていることもわかってきました。

ちなみに腸は「第二の脳」とも呼ばれる独自の神経ネットワークを持っています。
これはどういうことか?というと、
脳からの指令が無くても独立して活動することが出来るということです。

脳腸相関とは、生物にとって重要な器官である脳と腸がお互いに密接に影響を及ぼしあうことを示す言葉ということです。

この理由により、腸内フローラが改善され整うことで、頭もスッキリし心も穏やかな気持になる可能性が出てくるわけです。
逆に、心(脳)が不安や悩みを抱えることで腸の調子も悪くなる可能性が上がります。

このような経験もあるかもしれません。

それは、緊張したりあまりに嫌なことを経験したことで具合が悪くなったり下痢や便秘になることです。
これはひいては免疫力低下にもつながってくるので、腸内フローラを改善しバランスを整えていくことは大切だといえるでしょう。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ