足つぼのマッサージは悪くないよね♪

スポンサーリンク

足つぼマッサージについて。足つぼのマッサージが極上でしょうか。代えはいりません!足つぼが遂に日の目を!待ってました!マッサージがナイス!!これ以上のものはあるの?

足つぼマッサージといえば、芸能人が番組の中で、罰ゲーム的なイメージもあると思います。
つまり、痛いのではないか?ということですね。実際にどうなのか?自分なりにリサーチしてみました。

足つぼマッサージのやり方について

足つぼのマッサージのやり方

足つぼをマッサージする専門のお店は数多くあります。時間の取れる方は1度行かれてみたらよいでしょう。

芸能人でも、ほしのあきさんも足つぼマッサージに通っているみたいです。ただ仕事などで時間の取れない人や、なかなかお店まで足を運ぶのが面倒な方は家庭で簡単に一人でもできる足つぼマッサージもあります。

効果的な足つぼ

マッサージ→両手の親指を重ねて、湧泉を中心に足の裏全体を押したり揉んだりするのです。また床にゴルフボールを置き、足で踏んで転がすようにすると簡単にツボを刺激できるのです。これを、片足1-2分ずつ、朝・昼・晩の3回行うといいです。

また、このツボは温めるとさらに効果が高まりますので、タバコの火を近づけたり、ドライヤーの温風をあてて温めるのもいいと思います。
その際は火傷に気をつけましょう。
足つぼ マッサージ②親指を使って足の裏からひざの上までゆっくりとマッサージし(足だけですと乳酸や尿酸がまた戻ってきてしまいます)そして、体温と同じ温度の水分を適度(500cc程度)に摂るとよいでしょう。

足つぼマッサージ健康法は1日30分以内で結構ですので必ず毎日2ヶ月以上は続けてみましょう。
それに足つぼのマッサージ器なども販売されていますので試すのもいいかもしれません。

足つぼのマッサージの特徴

足つぼマッサージの特徴とは

足つぼのマッサージには色々あります。殆どインドから派生しています。近頃ではリラクゼーションの目的で西洋式の足つぼマッサージと指の関節を使いしっかり揉み解す東洋式にわかれます。どちらにしても人気があります。

スポンサーリンク

東洋式の足つぼマッサージは慣れるまで少し痛く感じますが、効果は早いのが特徴で、リラックス目的やまだ足つぼ マッサージに慣れていない人はマッサージがソフトな西洋式がいいようです。
また、足つぼマッサージの元祖は中国とも言われ、今から2000年前に学問として確立し、世界へ広まったともあるのです。代表的なものには特徴があります。

中国式足つぼ

マッサージ:足裏のマッサージによって血行を促進し、全身の治癒能力を高める。

台湾式足つぼ

 
マッサージ:反射区を指圧して体調を知ることができ、悪い部分の改善もできる。

英国式足つぼマッサージ

アロマなども用いて優しくマッサージする、リラックス効果を重視した方式。

タイ式足つぼマッサージ

指以外にも手のひらなどを使い、ゆっくり揉みほぐしていく。これが足つぼマッサージの特徴です。

足つぼマッサージの特徴について

足つぼマッサージの治療法

足つぼのマッサージは足の裏の体の器官と関連する反射区つぼを刺激し体の外&内側どちらの血行も良くすることです。

それにより足つぼのマッサージは健康維持、健康促進、体調不良を改善する効果を得る健康療法とされています。
足つぼをマッサージするのには正式には反射区療法と言われています。

足のつぼは体中の各部に反射的な繋がりがあるとされており、その反射区を刺激して体中の疾患を治療する療法なのです。
足の裏は『第2の心臓』と呼ばれ、全身のつぼが集まっていることで知られており、つぼの具合で体の悪い部分を調べることも、足つぼのマッサージや指圧で回復を促すこともできます。
足つぼをマッサージをすることによって血行が良くなり、体の老廃物を出すことができるのです。

身体に障害があったり機能低下があるといち早く足に反応がでてきます。
足つぼマッサージはヨーロッパの国々では医療として科学的に証明されており、ドイツやオーストリアなど保険の対象になる国も多くあるのです。
足つぼ マッサージは家庭で簡単にできるところも魅力があり、寒い冬などには、冷え性の人に絶大な効果があります。

足のつぼをマッサージして足裏からふくらはぎまでをオイルを使って指圧して血液の循環をよくすことで足の疲れやむくみやだるさを取り除けます。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ