バイクの名義変更について

スポンサーリンク

バイクの名義変更、気がかりなことは何ですか?バイクの名義変更についてなら私のサイトに任せてください!!バイク、放置しちゃダメです。それが後に大きくなるのです!名義変更は解決できる問題なのです。
バイクの名義変更について

原付バイクの名義変更とは

原付バイクの名義変更について紹介したいと思います。原付バイクの名義変更の手続きは原付バイクを人からもらったり、個人売買をしてゆずってもらった場合には、原付バイクの名義変更が必要になります。その場合には、まずはその原付バイクを廃車手続きをして廃車にしなければ原付バイクの名義変更は行うことが出来ません。まずは原付バイクの廃車手続きを行うために、原付バイクをゆずってくれた人の市町村の区役所に必要書類を持っていって廃車手続きをします。原付バイクの名義変更の前に必要な原付バイクの廃車手続きに必要な物はナンバープレートと標識交付証明書、印鑑です。原付バイクの廃車手続きが完了したら廃車証をもらうので、これは大切にしておきましょう。原付バイクの名義変更に必要な書類が用意できたら、原付バイクをもらう人の役所に行って届出をしてバイクの再登録をすればこれで原付バイクの名義変更手続きは完了です。再登録にかかる費用はこの場合は無料になっています。

スポンサーリンク

軽二輪バイクの名義変更

軽二輪バイクの名義変更について紹介したいと思います。軽二輪バイクの名義変更は原付バイクの名義変更とは少し違っています。軽二輪バイクの名義変更がどこが違うのかというと、原付バイクの名義変更の場合には、一度バイクを廃車してから出なければ原付バイクの名義変更はできませんでしたが、軽二輪バイクの名義変更は廃車手続きをしなくても名義変更ができます。軽にりんバイクの名義変更では、まずはバイクをゆずる人が用意する書類をそろえてもらう側の人の管轄の陸運局に行って手続きを行います。軽にりんバイクの名義変更の手続きの時に、管轄している陸運局が変わるときには、ナンバーの変更の一緒に行います。軽二輪バイクをゆずる人が軽二輪バイクの名義変更に用意しなければいけない書類は、印鑑、譲渡証明書、自賠責保険証、ナンバープレート、軽自動車届出済証が必要です。そして軽二輪バイクをもらう人側が軽二輪バイクの名義変更に必要な書類というのは、印鑑、住民票、自賠責保険証、軽自動車税申告書、軽自動車届出済証返納書、軽自動車届出書です。

小型二輪バイクの名義変更手続き

小型二輪バイクの名義変更について紹介したいと思います。小型二輪バイクの名義変更の時には、まずは、バイクをゆずる人が必要書類をもって、バイクをゆずってもらう人の管轄の陸運局に行って、手続きを行うことになります。原付バイクの名義変更手続きとは少々やり方が違っていますが、軽二輪バイクの名義変更手続きと同じ流れです。小型二輪バイクの名義変更をする場合に、ナンバーの変更が必要になった場合でもバイクそのものを持っていく必要はなくて、ナンバープレートだけを外して持っていけばいいようです。小型二輪バイクの名義変更をするバイクの車検がもしも切れているときには、車検を通さなければいけませんからバイクを持っていかなければいけません。小型二輪バイクの名義変更は車の名義変更とほとんど同じです。車の名義変更のやり方と違っているところというのは、小型二輪バイクの名義変更の時には、車庫証明と印鑑証明が要らないということくらいの違いです。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ