カレーの作り方はそんなに難しい問題ではない

スポンサーリンク

カレーの作り方について。カレーの作り方に苦しむあなたを救助します。見放しません。カレー、早急に解決しましょう!!できます!作り方、一緒に解決しましょう!

カレーの作り方について

カレーの作り方とは

カレーの作り方の中に、昔風のカレーというのはとても美味しいので、ご紹介しましょう。昔風のカレーは、ルーの段階でカレー粉をよく炒めるので香ばしさは、出るのですが香りの点では、ちょっと物足りません。カレーの作り方のそういう場合は、ルーを作る時に加えるカレー粉の量を半分にし、残りを仕上げの段階で入れると香りが出ます。また、香りの面を重視するなら、がラムマサラを加えると香りに段階が出ます。カレーの作り方でただ、あまりがラムマサラを重視しすぎると昔風のカレーではなくなってしまうので、使う時にはほどほどに、がコツです。昔風といえば、ルーたるものもなかった時代には、小麦粉なるものを水溶きして固めていたそうですよ。

スポンサーリンク

カレーの作り方の種類

カレーの作り方の中に、ヘルシー雑穀ご飯のカレーといったメニューもあります。雑穀ご飯が苦手な人でも、カレーと一緒になら抵抗なく食べられるのではないでしょうか?カレーの作り方は、1)牛肉は3cmくらいの幅、タマネギは薄切り、ジャガイモは一口大に切ります。2)枝豆は、茹でてさやから出して置きます。3)厚手の鍋にサラダ油を熱し、牛肉とタマネギを炒めます。4)さらにジャガイモとパプリカも加えます。5)水を加え、沸騰したらアクを取ります。注)アクは根気良くとってくださいね。出来上がりに差がつきます。7)いったん火を止め、ルーを割りいれて溶かし、プチトマトを加えてから、再び弱火でとろみがつくまで煮込みます。8)最後に枝豆を入れます。9)皿に雑穀ご飯を盛り、カレーをよそって出来上がりです。

カレーの作り方の例

カレーの作り方の例に、ちょっと手間をかけたカレーは如何でしょう。市販のカレールーも最近は結構優秀ですから、箱に書いてある作り方そのままで作っても美味しくいただけますが、そこにひと手間かけるとおいしいカレーになります。といっても、スパイスをブレンドしたり、特殊な香辛料を使う必要はありません。ポイントはタマネギです。だいたいカレールーの作り方に書いてある2倍から3倍くらいのタマネギを用意して下さい。それを薄切りにします。そうすると、ボウルいっぱいになってしまうと思うのですが、それで結構です。そのタマネギを炒めるのですが、弱火から中火で1時間くらいゆっくりゆっくり炒めます。面倒な方には「炒めたたまねぎ」というレトルトパックになっているのがあります。是非使って見られるのも手、ですね。時間と浪費の削減に繋がり重宝しますよ。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ