チョンダビンの情報を集めました

スポンサーリンク

韓国女優のチョンダビンについて。チョンダミンについてならまずは情報収集、韓国の女優チョンダミンについてのHPです。

韓国ドラマのブームは一時の勢いが衰えたとはいえ、まだまだ根強いと思えます。
そんな中で今回は、韓国の女優であるチョンダビンにスポットを当ててみました。

韓国ドラマのチョンダミンについて

韓国の女優、チョンダビンの噂

韓国の女優のチョンダビンは噂です。なんでも高校時代にも自殺未遂とうつ病がだったようです。
ソンスンホンをはじめ韓国の芸能人は何らかの理由でうつ病に掛かっている人が多いようで驚きました。

韓国の女優のチョンダビンの自殺の理由としては、韓国のサイトで一年ほど仕事が入らないので相当悩んでいたとチョンダビンの彼が証言しています。また韓国の女優のチョンダビンはインターネット上の悪性の書き込みやネット上での誹謗中傷でもチョンダビンは相当傷ついていたようです。
韓国の書き込みでは日本人が考えている以上の相当な影響力があります。

他にも韓国の女優のチョンダビンの自殺の理由については憶測が流れています。
しかし今となってはチョンダビン本人に聞く事はできませんし、真実は闇の中です。ただ自殺をする要因は少なからずあったようですね。。

チョンダミンの魅力について

韓国の女優チョンダビンの魅力

韓国の女優のチョンダビンには、爽やかさと愛嬌たっぷりの笑顔が魅力で人気がでました。チョン・ダビンの本名はチョン・ヘソンといいます。
高校の3年生で街で雑誌社の記者に写真を撮られたことで芸能界に入るきっかけができました。

スポンサーリンク

チョンダビンのデビュー当時は韓国のトップスターのチェ・ジンシルに似ていることで、「リトル・チェ・ジンシル」と呼ばれ注目を浴びています。

そして2002年に映画「ニューノンストップ」に出演して、チョン・ダビン独特の愛らしいイメージで人気が集まります。
これは日本でも放送され絶大な人気を誇ったドラマ「屋根部屋のネコ」で韓国の女優のチョンダビンはヒロインを演じ、チョン・ダビンはトップ女優へと上り詰めました。

他にも映画「あいつは格好よかった」でソン・スンホンと共演を果たし、日本でも話題となったのでご存じの方も多いでしょう。。

チョンダミンの歴史について

韓国の女優のチョンダビンの歴史

韓国の女優のチョンダビン(鄭 多彬)は1980年3月4日生まれの大韓民国の女優です。
ANAフィルムエンターテイメントに所属し、2000年の映画、「燃ゆる月」で韓国の女優のチョンダビンはチェ・ジンシルの少女時代を演じデビューしました。
その後チョンダビンは2004年に東国大学校演劇科随時試験に合格、同大に入学しています。

それから3年後の2007年2月10日午前、ソウル市江南区三成洞の男性の友人宅で首をつりチョンダビンは死亡しており警察は自殺の可能性が高いと見ています。

韓国の女優のチョンダビンはまだ26歳の若さでした。所属事務所との契約を廻るトラブルや仕事の減少などで悩んでいたとされていますが、亡くなる前日の韓国の女優のチョンダビン自身のウェブサイトの日記に「神が私を迎えに来た」などと書かれていたようです。

韓国の女優のチョンダビンのあまりに突然の死と若すぎる死が韓国芸能界に強い衝撃を与え、韓国の女優のチョンダビンの葬儀には「屋根部屋のネコ」で共演したキム・レウォンやイ・ヒョヌ、映画「あいつは格好よかった」で共演したソン・スンホン等多くの芸能人が弔問に訪れたのです。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ