犬のアトピーのホームページです

スポンサーリンク

犬のアトピーについてのエキスパート!犬のアトピーは実際はそんなに難しい問題ではないのですよ。犬についての専門家に相談!ひとりでは解決できません。アトピー、苦悩するだけでは変わらない、気づいていますか?
犬のアトピーについて

犬のアトピーとは

犬のアトピーについて紹介したいと思います。アトピー性皮膚炎といえば、人間だけに興ることだと思っている人も多いかもしれませんが、犬もアトピーにかかることがあります。犬がかかる皮膚病疾患の中でも一番多いのがアトピーなんだそうですね。犬のアトピーも人間のアトピーと同じように、アレルギーが原因で起きているといわれています。犬ノアトピーがおきる素になっているものは、例えばもともとその犬がアレルギーを持って生まれてきた体質ということもありますし、犬のアトピーは遺伝ということもあります。また、犬ノアトピーというのは皮膚のバリア機能が働いていないことによって犬のアトピーが起きているという話しもあります。犬のアトピーはなんらかのアレルギーが体に入ったことに対して体が拒絶反応を起したり反応しているために犬のアトピーにかかってしまいます。犬のアトピーも人間のアトピーもどちらも、原因などは近いといわれていますし、同じような物です。

スポンサーリンク

犬のアトピーの症状について

犬のアトピーの症状について紹介したいと思います。犬のアトピーの症状も人間のアトピーと同じように皮膚が薄い部分に集中してでやすいといわれています。例えば犬のアトピーが出やすい部分としては、犬のアトピーが一番でやすいのは、おなかのしたあたりから足の付け根にかけてだといわれていますし、犬のアトピーは顔に出ることもありますし、耳に出ることも足の先の部分に出るということもあるようです。犬のアトピーが出やすい部分は犬によってもそれぞれ違っていますが、症状も色々です。犬のアトピーの症状は、引っかき傷のようになる症状や皮膚が赤くなってしまう症状、黒っぽい色になってしまう症状や毛が抜けてしまう症状などがあります。犬のアトピーの症状は犬の種類やその犬によっても違いますが、共通して言えることというのはアトピーの部分がかゆくなっていぬが掻いてしまったりすることだそうです。犬のアトピーの症状は人間と同じで、かゆくなったりして辛い症状が続きますし、時期は関係なく年中犬のアトピーの症状は出るようです。

犬のアトピーになりやすい種類とは

犬のアトピーは犬のアトピーになりやすい種類の犬というのがあるようです。例えば犬のアトピーになりやすい犬にはどのような犬がいるのかというと、柴犬や、シーズー、ゴールデンレトリバー、ラブラドール、シェットランド、ホワイトテリア、ダルメシアン、ボストンテリアなどの種類の犬が犬のアトピーになりやすい種類の犬だといわれています。一般的にみて犬のアトピーになりやすい種類と言われているのですが日本では特にこの中でも犬のアトピーになりやすいのは、柴犬とシーズーだといわれています。犬のアトピーになりやすい犬には年齢も関係しているといわれています。アトピー性皮膚炎になりやすい年齢というのは、3歳以下の犬ではアトピーになっている犬が70パーセント、そして5歳以下の犬の場合には85パーセントと言われています。犬のアトピーの初めての症状は季節が関係していることもありその季節だけで終わる場合とはじめは季節だけだったのに段々一年中犬のアトピーの症状が引かなくなるという場合もあるようですから、種類やその犬によって色々です。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ