学習塾ランキングのデータは学習塾を選ぶ時に間違えないための必需品

スポンサーリンク

学習塾ランキングについて学習塾ランキングがあるという事をご存知だろうか?学習塾と一言で表しても、数多くの学習塾が全国には存在している。今回は、その「学習塾ランキング」を調べてみることにした。

学習塾ランキングを知る

学習塾ランキングは必要なのか?
どの学習塾がよいのか選択に迷うとき,役に立つのが「学習塾ランキング」であろう.
全国レベルからはじまって,都道府県別,市区町村別に,「学習塾ランキング」のキーワードを入れるだけでインターネット検索が容易にできる.

地域で探すだけでなく,塾名で探す,路線・駅から探す,地図で探すなどのサービスも用意されている.
学習塾ランキングばかりでなく学習塾の評判・クチコミ情報なども得ることができる.複数の検索サイト毎の特徴もあって役に立つ.

北海道で言えば,北海道地区全体のランキング,札幌市・函館市などの市別ランキング,札幌市中央区・札幌市北区などの区別ランキング,石狩郡当別町・石狩郡新篠津村などの町村別ランキングも知ることができる.

地区別では,どの地区階層レベルでも直接そのキーワードをインプットすれば望む学習塾ランキングが得られる.

都道府県レベルの学習塾ランキングなら,福岡,京都,石川,群馬,岡山,広島,沖縄,熊本,埼玉,愛知,大阪,滋賀などの府県名に学習塾ランキングをプラスした検索キーワードを入力すればよい(例えば,Googleで,「福岡県学習塾ランキング」のキーワードで検索すると,エキテンやら塾ナビなどの複数サイトでの学習塾ランキングを知ることができる).

市区町村レベルなら同様に,札幌,明石,仙台,富士宮,野々,高蔵寺,札幌市中央区,宮崎,北浦和,金沢,浜松,台東区,燕市,宇都宮,福山,瀬谷,千葉,宇都宮,神戸,水戸,福井,町田,五反田,坂戸,江別などの市区町村名に学習塾ランキングをプラスした検索キーワードを入力すればよい.

特定の学習塾の情報を知りたければ,江別市学習塾ニュートン,北海道学習塾ニュートン,学習塾ニュートン岩山などのキーワードを使って検索を実行するとよい.参考となる情報が多く獲得できる.

個別指導学習塾

最近は,進学指導というより,学校での宿題・中間試験・期末試験対策などを,生徒の能力に応じ学習指導する個別指導学習塾が,かなり増加しているようだ.家庭教師的に講師対生徒数が,1:1,1:2,1:3といった,生徒ひとり一人に合わせた学習支援を行っているのである.
] そのため,この個別対応する学習塾ランキングの情報も必要と思うが,個別指導だけに絞った学習塾ランキングは無いようである.
進学も個別も両方対応している学習塾が多いため,総合評価としての学習塾ランキングが優先されているようである.

個別指導の学習塾ランキングはなされていないが,全国のお勧め指導塾を知ることはできる.

トライパス,スクールIE,栄光ビザ,明光義塾,四谷学院・個別指導などがあげられているが参考程度にして,地区の学習塾ランキングの詳細を知るのが学習塾選びには役に立つと思われる.

学校ランキングと学習塾ランキング

大学や高校にはランキングは昔からあって,有名大学や有名高校のそのいくつかをあげることができる.
私の学校時代(1960年代),大学でいえば東京大学,高校でいえば日比谷高校がランキング筆頭であった.

大学ランキングは現在もは変わらないようであるが高校ランキングは様変わりした.私立高校が上位を占め,都立高校が下位に転落している.

これらランキングの高い有名な高校・大学に進学できるよう,学習支援する学習塾は全国に多数存在するが,学習塾間の競争も激しいようで,このため学習塾選びの参考に学習塾ランキングや学習塾情報がネット上で氾濫している.

学習塾ランキングについて

学習塾ランキングやら学校ランキングについて記述したが,ランキングという順位付けについて述べよう.

スポンサーリンク

中学校に入ったとき,小学校にはなかった中間試験・期末試験の結果が順位付けされて貼り出された.
これがわたしにとっての初のランキング体験であった.
中学では学区域内の有名高校への進学のための中学校ランキング,高校では東大合格者数による全国高校ランキングがあって,当時(1960年代),前に述べたように高校では日比谷をはじめとする都立高校が上位を制していた(今は,私立高校が上位を占める).

研究者・官僚などの養成所である東大は大学ランキング一位であり,昔も今も大学ランキングトップである.
東大に入ることが10代のあこがれであり,最大目標のひとつでもあることは今もって変わらない.

最終的にこの東大に進学できるよう,中学,高校ではこの目標に向けて実力考査,模擬試験などが実施され,生徒のランキングが番付表として校内に貼り出された.

この頃も,有名学習塾はあったが,学習塾ランキングを見かけた記憶は無い.

東大に入れなかった者に対しては,母校の補習科,街の予備校・学習塾で学び再チャレンジを計った.
学習塾の隆盛する現代では,学校と同様,学習塾ランキングが云々されることになった.

この現象は,東大に入る予備門としての有名高校に入るための中学生向け学習塾,さらには同じように有名中学に進学するための小学生向けの学習塾までが,全国津々浦々に多数設立されたことから,その学習塾ランキングがある基準によって,以前に比べ必要になってきたと推測している.

いずれにしてもここでいうランキングは,学習成果をあげることのできる学校・学習塾が競う,学校ランキングであり学習塾ランキングである.

今や,学習塾は小・中・高の学校よりも,上位校進学支援はもとより生徒の能力に応じた個別学習支援においても優位を保つようになってきた.学習塾ランキングが注目される所以であろう.

学校は基本学習と総合学習ならびに部活,学習塾は進学指導というスタンスが棲み分けらしいが,学校の基本学習が習熟できない生徒が多くて,そこの部分までも個別指導学習塾がとりこんでいる現実がある.

学校と学習塾の双方に通うのは子供も親もいろいろと負担で,その負担を軽減すべく,学校教育と学習塾教育とはもっと棲み分けをはからないと,学習塾に通える者は学習機会を得,学習塾に通えない者は学習機会を失うことにならないか,とても心配である.

進学支援と個別学習支援を誇ることにより,学校よりすぐれた学習環境を提供することで,学習塾ランキングを競う姿は,学校教育に何か問題を投げかけているようだ.

学校教育だけでは,中学・高校・大学さらには大学院までも入学できない現実を見ると,学校教育って何なんだろうと思う.

どうも,学校教育のレベルが低いのを救済する,ないし学校教育についていけない学生を救済するという二面の役割を担っているのが学習塾であるというが現実のようだ.
担う実力のランキングが学習塾ランキングのようである.

本来なら,学習塾の存在無しで学校教育一本でだけで日本の教育を担ってほしい.
教育の二重投資だ.英米には学習塾は無いと聞く.また,学校は文科省,学習塾は経済産業省の管轄だそうだ.教育の学校教育一本化が困難なら,学校・学習塾の両方とも文科省管轄にして学生の効率的で負担の少ない学力向上策の検討がほしい.

当面は学習塾は進学指導にしぼる,学校は基礎学習・総合学習・部活指導に専念するということでいかが.学校教育よ,がんばれ!基礎学力まで学習塾に依存してどうする.

担当ライター S

—参考サイトURL—
http://www.jyukunavi.jp/rank/
※全国の学習塾ランキングは
もとより都道府県別,市区町村別学習塾ランキングも検索できる.

http://juku-guide.com/sp/ranking/
※学習塾の売り上げまで検索できるとは思わなかった.

http://www.kobetsurank.net/
※推奨できる個別指導学習塾の丁寧な紹介がある.


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ