ゲームブックについてのホームページです

スポンサーリンク

ゲームブックの精巧さは凄い!!ゲームブックはやっぱりいい!!当然です!ゲームブックが至高の逸品!!本物は存在します♪ゲームブックはいいな、と思いましたね。

ゲームブックとは

ゲームブックについて

ゲームブックについて紹介したいと思います。ゲームブックというのはアドベンチャーゲームブックとも呼ばれている地域もあります。ゲームブックというのは読者が選択してストーリー展開を行って、結末が変わるようになっているゲームとしての目的で作られている本のことです。ゲームブックはどのような物なのかというと迷路やなぞなぞといった遊びを含んでいる本の事をゲームブックというのですが児童書が多いようです。ゲームブックは一般的には、本文が数十から数百個の段落に分けられていることが多く、各段落には順番に番号がついています。そして読者はゲームブックの本文の段落を先頭から順番に読むという方法ではなくて、段落の末尾に指定されている番号の段落を次に読みながらすすめていきます。次に読む段落というのはゲームブックの中では、一つということには限っていなくて、ほとんどのゲームブックでは、たくさんの行き先の段落がありますから、それを任意的に選択することが出来ます。

スポンサーリンク

ゲームブックのブームについて

ゲームブックの本格的なブームというのは1982年にイギリスで発行された火吹山の魔法使いというゲームブックから始まったといわれています。そして、日本では1984年にコンピューター雑誌で、ペーパーアドベンチャーとしてゲームブックのようなものが紹介されて、それが人気コーナーになったんだそうです。そしてイギリスで人気が出てブームになった火吹山の野砲使いが日本でも発売されてそれがゲームブックのブームの火付けになったといわれています。また日本ではゲームブックが流行した当時、ちょうど任天堂のファミリーコンピューターが爆発的な人気があったために、ファミコン向けの攻略を題材にしたゲームブックなども販売されて色々なタイプのゲームブックがブームになっていました。日本でのゲームブックのブームは1990年代には衰退して言って、家庭用ゲーム機の発売と普及によってゲームブックはかなり人気が一時的ではありますが、激減したといわれています。しかしゲームブックは愛好者が全くいなくなったというわけではなくまた、2001年からゲームブックはじわじわと復刊してきて現在もシリーズ展開されているゲームブックも多数あります。

ゲームブックの読み方

ゲームブックの読み方について紹介したいと思います。ゲームブックを読み進める場合には、まずは必要なものがあるんですね。ゲームブックを読み進めるための必要な物は、アドベンチャーシートがまずは必要なんだそうです。これはゲームブックでプレイヤーの体力や入手したアイテムなどを書き留めていく表として使われています。そして、ゲームブックの読み方ですが、鉛筆と消しゴムも必要です。これはゲームブック野アドベンチャーソートに何度も書き直して書くことが多いからなんだそうですね。そしてサイコロがゲームブックの作品によっては必要な場合があるといわれています。ゲームブックの読み方は簡単で例えば「ケーキがテーブルにある」という本文があって「ケーキを食べる→1へ」「ケーキをあげる→2へ」というように番号が指示されていますから、ゲームブックのルールに従ってケーキを食べるを選んだ場合には1へ進んでその段落を読みすすめていきます。これがゲームブックの読み方の基本です。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ