ハーブの栽培の難しい考えは捨てましょう

スポンサーリンク

ハーブ栽培のことならこちらへ。ハーブの栽培に悩むすべての方へ。頑張りましょう。ハーブが辛い・苦しい・みんな一緒なんです!!栽培、胸の痛みを抑えます。楽になれるのです。

ハーブ栽培について

ハーブ栽培とは

ハーブ栽培はお庭がない人でもベランダのスペースさえあれば大丈夫です。まずハーブ栽培にそろえる物は「苗」と「鉢」と「土」です。「苗」はホームセンターのハーブコーナーで98円~298円で買えます。時期がずれると68円でラベンダーなどが買えます。
次にハーブ栽培の「鉢」はプラスチックのもから、素焼きのもの、形は長方形と円形が一般的です、次にハーブ栽培の「土」ですが、ホームセンターでは「ハーブの土」という名前で販売されていますので、ハーブ栽培が初めての人にはこれが良いです。ハーブ栽培の土は自分で調合させるなら「赤玉」と「培養土」を1:1で混ぜればOKで、水はけをよくするなら腐葉土を混ぜたります。基本的にハーブ栽培は土が合っていれば水さえやれば簡単に育ちます。ハーブのほとんどが多年草の為、放っておいても来年になると、また、すくすく育ってきます。ハーブ栽培の楽しさは、育てる楽しみ・収穫の楽しみ・見る楽しみ・食べる楽しみなど沢山、みなさんもはハーブを育ててみましょう!

スポンサーリンク

ハーブ栽培の基本について

ハーブ栽培は、基本的には、種子から栽培するよりも、ハーブは苗から育てたほうが、簡単で種子を発芽させるためには、温度や水分といった管理が必要です。ハーブ栽培で苗木から育てるのでしたら、育てる上でのポイントは2つあります。ハーブを日当たりの良い場所に置くということと、土の表面が乾いたら、たっぷりと水をあげるといったこと、ハーブ栽培でハーブがよく育つ条件は、気温が20℃前後とされていますので、4月中旬ごろから9月ごろまでが温度管理の面では適しています。高温多湿の気候で産まれたハーブはありませんので、夏も盛りとなると、ハーブが弱ってしまうこともありますので、あまりに日当たりが良すぎる場合には、日よけなどを用意したほうが良いです。ハーブ栽培では、やや湿気を好む種類もありますが、元々乾燥した地方で生まれたハーブも多くあります。過度の水分は根腐れの原因となりますので、表面が乾いたら水を
あげる問い程度で充分ですが、夏は土の乾燥が早くなりますので1日2回朝晩の涼しい時間帯に水を与えてあげましょう。

ハーブ栽培の季節とは

ハーブ栽培の季節についてですが、春から育てるハーブ栽培ですが、
ほとんどのハーブ栽培が春植え、春蒔きOKです、挿し木も5月6月が旬です。夏から育てるハーブ栽培7・8月は暑いので種まき・挿し木は日向では無理ですが、日陰ならできます。秋から育てるハーブ栽培は秋もハーブの植え付け、種まきの季節です、挿し木も9月10月が旬です。冬から育てるハーブ栽培は冬の時期でも苗を購入して育てれば育てる事ができます。ですが、温暖な地域で生まれたハーブは冬の寒さが苦手ですので、鉢やプランターでのハーブ栽培でしたら、冬は室内に入れてしまうのがいいです。ハーブ栽培のハーブの種類ですがカモミール、チャイブ、チャ-ビル、イタリアンパセリ、ルッコラ、ラベンダー、タイムやストロベリー、ブラックベリー、ラズベリー、ブルーベリーなどがあります。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ