エルメスのエプソンについて

スポンサーリンク

エルメスのエプソン、この商品はいいです♪エルメスのエプソンがマイフェイバリットなんです!エルメスはとても良質です♪持っていますか?エプソンが好みに合いますか?いかがでしょう?
エルメスのエプソンについて

エルメスのエプソンの由来とは

エルメスのエプソンの由来についてですが、1837年、ティエリ・エルメスがパリのランパール通りに、高級馬具の製造工房としてエルメスを創業します。のちにナポレオン3世やロシア皇帝などの王侯貴族の御用達として発展。現在でも、エルメスのロゴに馬具に由来するデュックとタイガーが描かれているのはこのためです。主人が描かれていないのは「エルメスは最高の品質の馬車を用意しますが、それを御すのはお客様ご自身です」という意味が込められているためです。その後、エルメスのエプソンは、自動車の発展による馬車の衰退を予見し、鞄や財布などの皮革製品に事業の軸足を移します。なかでもエルメスのエプソンの、有名なケリーバッグ(発売当時は「サック・ア・クロア」と呼ばれていました)は1935年に発売されました。

スポンサーリンク

エルメスのエプソンの歴史

エルメスのエプソンは、なかでも有名なケリーバッグ(発売当時は「サック・ア・クロア」と呼ばれていました)は1935年に発売されました。エルメスのエプソンは、後に女優のグレース・ケリーが愛用し、特にカロリーヌ皇女が懐妊した際、写真撮影された時にとっさにお腹を隠したのがこのバッグ、エルメスのエプソンであったことから有名となり、1955年に正式に改名されました。エルメスのエプソンのケリーと同様の人気を誇るバーキンの名も、当時のエルメス社社長であったジャン・ルイ・デュマ・エルメスが飛行機の中でたまたまイギリス出身の女性歌手ジェーン・バーキンと隣合わせになり、彼女がボロボロの籐のカゴに何でも詰め込んでいるのをヒントに、整理せずに何でも入れられるバッグを作りあげたことに由来します。このように、エルメスのバッグには発注者ないし最初の所有者の名が付いたモデルが多く存在しています。

エルメスのエプソンのバッグ

エルメスのエプソンは、【エルメスのクオリティ】パリのフォーブル・サントノーレ24番地にエルメスの本店があります。人気の中心であるバッグ、その中でも特に人気があるのはケリー・バッグです。パリから自動車で約30分のパンタンという小さな街に、アトリエ・エルメスがあります。エルメスのエプソンのバッグも、この牛革が1万頭から30枚しかとれない、無傷なものが使用されます。またエルメスのエプソンは、オーストリッチ(ダチョウ)の場合も、大きな突起のある部分しか使われていません。そして、アリゲーターの場合、通常、アリゲーター革の模様の中心をセンターに、左右対称になるように切り抜きますから、エルメスのエプソン1つのバッグを作るのに、2匹のワニが必要になります。そのため、何十年程度では駄目にならないほど丈夫です。エルメスのエプソンのバッグは、当初の御用達馬具メーカーとしての職人技と、それを最重要視するエルメス社のポリシーが、そこには反映されています。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ