古着の寄付について

スポンサーリンク

古着の衣類の寄付、心配事は蹴飛ばしましょう!古着の寄付、ここで悩みを撃退してください!!古着や衣類、心配事へのSOS。いつでも呼んでください。寄付についてのことならお任せ!
古着について

古着の寄付とは

古着を寄付をするという事は、まず、モラルが大事ではないでしょうか。いくら古着だからといっても、ピンからきりまであるのです。寄付をする場合には、もらう側にたって考えたらおのずと必要性などが、解るのではないでしょうか。今は衣類は特に新品同様のものに限定しているNGO団体が多いです。「こんなのは侮辱的です」と先進国から送られた使い古しの下着の山を見て泣いている、途上国の人の映像をテレビで見た事があります。…モラル。一番大事なことです。日本人は特にモラルの低さを感じるのは私だけでしょうか 。不用品を 善意で送るのでしたら、 売れるような美品を。 アイロンをかけるなど誠意を込めてください。 古着 寄付で善意をエゴにしないようにと思います。自己満足で人を傷つけないで。 ボロボロの古着や古い下着がいて、衛生的にも良くないですね。せっかくの善意が無駄にならないようにしたいですね。

スポンサーリンク

衣類の寄付について

衣類を寄付される世界の各国各地は政変や干ばつ・洪水などで貧のどん底で生活しています。特に政変によって被害を真っ先に被るのは子供や女性や老人たち、これらの人々にお届けしているようです。衣類を送った国、送っている国などを明確に示してあるのはいいですね。そこで、お預かりする中古衣料についてお願いです。下記のような衣料をお送りください。・洗濯されている物でよく乾燥した物。(ビニール袋に入れないで)・ボタン・ファスナーの壊れていない物。・ほころび、破れ、シミのない物。・春夏秋冬老若男女何れの物でも可、特に子供物は大歓迎です。・和服(洋服に加工してあれば受け入れます)、下着は不可。・スーツ、制服、作業着受付けます。・自分でもらっても着れる物(サイズが合わなくなったために着れなくなってしまったものなど)・靴、靴下、帽子、マフラー、手袋、鞄などの付属品は受付けていないようです。また衣類の送り方もダンボール1箱に付き送料寄付が必要です。衣類寄付は先ず送料寄付(AAA倉庫から海外へ送る)を振込んだほうがいいようですね。

寄付金控除とは

寄付金控除は、納税者が国や地方公共団体、特定公益増進法人などに対し、「特定寄付金」を支出した場合には、一定の所得税控除を受けることができます。これを寄付金控除といいます。なお、政治活動に関する寄付金で一定のものについては所得控除に代えて、税額控除を選ぶこともできるようです。また寄付金控除の控除額の計算方法は、次のいずれか低い方の金額 - 5千円= 寄付金控除額
となっていて、その年に支出した特定寄付金の合計額もしくは、その年の総所得金額等の40%相当額(平成18年分は30%)となっているようです。寄付金控除を受ける為には、寄付金控除に関する事項を記載した確定申告書に次の書類を添付をして提出するか、申告書提出の際に提示する必要があります。確定申告をするときまでに、上記「寄付金(税額)控除のための書類」が間に合わない場合は、「寄附金の領収書(写)」を添付して申告し、後日「寄付金(税額)控除のための書類」の送付を受けた後、速やかに税務署に提出しなければならないようですね。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ