腹筋についての悩みは不要です

スポンサーリンク

腹筋の鍛え方について。腹筋に悩むあなたを見ていられない。腹筋の鍛え方について悩んでいませんか?腹筋のトレーニング、あなたをお救いします。お力になります。

腹筋の鍛え方とは

腹筋の鍛え方について

腹筋トレーニングの仕方を簡単に紹介します。まず、床にあお向けになり、膝を90度になるように曲げます。そして、90度を保ったまま足をあげ太ももとお腹の角度も90度にします。

 ̄|_o横から見るとこのような感じです。

この状態で、腹筋を胸の前で両腕をクロスします。これが基本体勢です。この腹筋体勢から両肘をふとももにつけます。そして、5秒キープ。5秒経ったらゆっくり基本体勢に戻ります。これを繰り返し、毎日10回を5セットすると、ハンパない割れた腹筋ができるそうです。

そろそろ夏に向けて、体を絞りたいと思っていたので、これから寝る前の日課にしたいと思います。腹筋は腹(腹直筋・腹斜筋など)を中心とした筋力アップ、シェイプアップのためのトレーニングです。腹筋は、ボクサーにとってはボディー攻撃から身を守る基本的なトレーニングなのでしっかり実践しましょう。

腹筋について

腹筋のトレーニングについて

腹筋トレーニングは実に奥が深いです。腹筋トレーニングは上半身だけに動きを加えるもの、下半身だけに動きを加えるもの、上半身・下半身同時に動きを加えるもの、さらにはひねりを加える方法などがあります。

腹筋は少し動作を変えるだけで鍛えられる部位が違ってくます。これは、腹回りの筋肉が腹直筋、外腹斜筋、内腹斜筋など複合的に絡んでくることが一つの原因です。

スポンサーリンク

特に腹直筋は腹を縦にはしる大きな筋肉で、みぞおち(上部)から恥骨(下部)までを指すのだが、上部と下部をバランスよく鍛えるには一つの筋トレ方法だけではカバーできないのだ上部を鍛えたら、下部も鍛える、また横腹も鍛えて、これが腹を効率的に引き締め、バランスよい腹筋を目指す上では欠かせません。そして、腹筋でウエストを引き締めようと思ったら背筋トレーニングも平行して行う必要があります。

また、腹は骨に覆われていません。そのため脂肪が非常に付きやすく、脂肪によって大切な内臓を守ろうとするのです。ちょっと気を抜くとおやじっ腹になりますので、日頃の腹筋トレーニングを心がけたいですね。

腹筋を割ることとは

腹筋とは

腹筋を割るにはトレーニングによって脂肪を燃焼し、同時にお腹のダイエットをしなければなりません。

よく腹筋の画像を観るとマシンを使った筋トレを観ますが、正しい腹筋のトレーニングをしなければ内蔵を痛めて健康を損なうことにもなりかねません。
腹筋の器具は通販でも販売されていますが、中には消費カロリーも計算してくれるマシンもありますので、毎日筋トレを継続すればそれないの効果が出て腹筋が割れてくるでしょう。

他にもベルトを使った器具もありますが、コチラは効果的で筋肉痛にもなりにくいのです。ただ腹筋を割るためにはそれなしにやり方を考え、強化をしていかなければなりません。

下腹までまんべんなく腹筋を割るにはバランスボールも簡単に腹筋を割るには効果的だと思います。
ただ腰痛や妊娠中の腹筋は筋肉を割るのも無理しないように気をつけなくてはなりません。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ