インフルエンザA型について

スポンサーリンク

インフルエンザのA型に苦悩する時は終わるのです。インフルエンザのA型について、まずは情報収集も大事ですよ。インフルエンザの症状、まだ手詰まりではありませんよ!!A型についての情報収拾をしましょう。それが第一歩。
インフルエンザA型について
※厚生労働省のインフルエンザQ&Aはこちら

インフルエンザの型とは

インフルエンザの型には、いくつかあります。したがって、現在、A型インフルエンザウイルスとしてはH1N1とH3N2の2種類、それにB型の合計3種類のインフルエンザウイルスが流行している。新しい亜型の流行が始まると、多数の患者と死者が発生します。インフルエンザの型には、1918年から1919年にかけてのスペインかぜといわれた世界的大流行では、世界中で患者総数が6億人に達し、死者は2000万人から4000万人の間に及んだと考えられています。インフルエンザの型には1957年のアジアかぜ流行の際に、わが国では患者数約100万人、死者約8000人を数えました。また、インフルエンザの型と同じ亜型の流行でも抗原変異が大きいと、流行規模も大きくなります。わが国では、毎年必ず冬になるとA型インフルエンザウイルスによる流行が起こり、そのピークは12月から3月の間です。B型の流行はA型よりも散発的です。

スポンサーリンク

インフルエンザの症状について

インフルエンザの症状はかぜと似ているので、甘く見ていると死に至ることもある怖い病気です!インフルエンザとは、インフルエンザウイルスの感染によっておこる病気です。インフルエンザの主な症状としては、高熱(38~40度)や頭痛、筋肉痛、全身倦怠感などの全身症状と、のどの痛み、咳や痰などの呼吸器の急性炎症症状などがみられます。インフルエンザは通常のかぜと比べ、症状が重く、全身症状も顕著に現れます。そのため、インフルエンザに高齢者がかかると肺炎を併発したり、持病を悪化させたりして重篤になり、最悪の場合は死に至ることもあります。また、インフルエンザの症状に潜伏期間が短く感染力が強いことも特徴で、毎年、流行期の12月下旬から3月上旬にかけては多くの方がインフルエンザにかかっています。

インフルエンザの潜伏期間とは

インフルエンザの潜伏期間から発症までは1日~3日だそうです。ただ熱が下がってもインフルエンザウィルスはまだ患者から出ているようで薬も本当は5日間は飲むのが言いようです。インフルエンザの潜伏期間に、ただ熱や咳が出ていなくてもウィルスは放出されているそうなので平熱になってから1週間は家族感染の可能性があるそうです。その製薬会社曰く、熱が下がってもインフルエンザウィルスはまだ患者から出ているようで薬も本当は5日間は飲むように言われました。インフルエンザの潜伏期間に、ただ熱や咳が出ていなくてもウィルスは放出されているそうなので平熱になってから1週間は家族感染の可能性があるそうです。その製薬会社曰く、インフルエンザの潜伏期間に、家族の抵抗力が落ちた時や睡眠不足時に患者から放出されているウィルスを拾って発症の可能性があると言われていました。インフルエンザの潜伏期間を、結論からいうと平熱に戻っても1週間ほどは手洗い・うい・マスク等を行い感染しないように注意して欲しいと言う事でした。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ