人身自動車事故についてのことならこちらへ

スポンサーリンク

人身事故と自動車保険、ここで悩みを撃退してください。人身事故と自動車保険の悩みなんて即・解決です!バッチリです!人身事故、あなたを放ってはいきません。見放しません。自動車保険、気になる悩みを断ち切るのです。
人身事故について

人身の自動車事故とは

人身の自動車事故を起こした場合には、即保険会社に電話をするといいですよ。保険の内容では借用自動車に搭乗中の方が自動車事故で死傷された場合、その責任(過失)割合にかかわらず、被る損害について実際の損害額(治療費、逸失利益、及び精神的損害)(注)の全額を補償します(一般タイプの場合)。記名被保険者ご本人については歩行中の自動車事故なども補償の対象となるようです。また被保険者(補償を受ける方)は記名被保険者の運転する借用自動車に搭乗中の事故については搭乗者全員が対象になるようですよ。また、記名被保険者については歩行中の場合などほとんどの自動車事故についても補償の対象となるようです。さらに治療費、逸失利益や精神的損害を、ご自身の責任(過失)割合にかかわらず保険金額を限度に全額(注)お支払いしているようですね。しかし補償されない場合もあるようですから、契約の把握をされるといいですね。

スポンサーリンク

人身事故の保険について

人身事故の保険つかうとき、つまり交通事故は突然巻き込まれます。自動車保険の対人賠償保険金(治療費、慰謝料、休業損害)は、加害車両の加入している保険会社の損害担当が過去の判例、自賠法に基づき算定し、被害者に対して提示してきます。その内容で示談が成立すると、示談書(最近は免責証書ですます場合もある)を取り交わし、保険金が支払われます。実は、その後、加害車両の加入している自賠責保険責任会社に、自賠法に基づいた保険金を請求し、回収します。会社の損益上、自賠法で支払われる保険金で示談成立してしまえば、損はしない形になります。したがって、第一回目の条件提示では、ほとんどの場合自賠法に定められた金額を提示してくるはずです。こんな理屈を知っていれば、自賠責から出る金額をきちんと調べた上で『その提示額は自賠責保険から出る金額ですよね?お宅の会社は任意保険契約もらっているのに、自賠責で回収できる分だけで済ますつもりなんですか。』等々、ちょっとした嫌みだけで、一割くらいは上げてくることが多いですよ。

人身事故の自動車売買とは

人身事故の自動車売買つまり中古車を個人で購入する際には、必ず自動車売買契約書を作成しましょう。個人売買は理想的な車の売買方法ですがメリットも大きい反面、一歩間違うと大変な損をしてしまう可能性も秘めているようです。個人売買だからこそ、しっかりとした契約書の作成が必要だとも言えます。契約書を作ったりするのにお金がかかったり、契約書の作成は大変そうだと思うかもしれないですが、「お金」も「時間」もそれほど必要ではありません!私(自ら)が車の名義変更をしない場合は、日本法令から販売されている「自動車売買契約書」を利用しています。この契約書は、主に、個人間による自動車の売買にもちいるための契約書です。3枚複写で詳しい解説書が付いているので、よく読めば誰でも簡単に契約書を作成できるようですし、価格も2部で500円です。これなら一から契約書の約款などを作成する手間も省けますし、金額的にも万が一のトラブルを考えれば安いと思いますよ。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ