介護用品についてのhpです

スポンサーリンク

介護用品の悩みをなくすために!介護用品は大丈夫なのでしょうか。その真意は?介護用品の悩みなんて解決しちゃいましょう♪介護用品の悩みの解決のカギはここ!!
介護用品について

介護用品とは

介護用品と一口で言うけれど、以外に介護に当たっての商品がいかに沢山揃っているかということです。ですから介護をされる方にとっては本当に有難いことだと言えます。簡単にザーッと紹介して見ようと思います。まず、介護用品を代表するといっても過言ではないでしょう。毎日使う浴用介助用品・歩く為に必要な歩行用品・毎日欠かせない介護ポータブルトイレ等ですが、そのほかにも、福祉用具や、バリアフリー商品に、介護ベット、リハビリや散歩に快適な靴レンタル、紙オムツ等など物凄い沢山あります。それに、杖や、据え置き便座に寝具、病人用肌着や、障害児衣料などもあります。
寒い冬に温水洗浄で、快適で工夫満載の便座から、暖かいお部屋靴で冷えを予防する靴など、また、折りたためて場所をとらない自立する入浴いすなども揃っていて本当に良い時代だと思います。

スポンサーリンク

介護用品の種類

介護用品の種類色々ですが、和服・着物に合うお洒落な杖もでているので驚きです。それに、四脚で支える安定した杖などもあり豊富さに驚かされます。次に介護用品、本当に便利だと思ってしまった商品を紹介します。それは、介護用品、寝たきりの患者さんにはとても有難い商品だと納得の行く快適マットレスで、地球環境に配慮したエコマットレスなのです。介護用品「三次元スプリング構造」でなんと水洗いのできる清潔さを強調していると思います。そして、介護用品の最新医療の現場から生まれた本格床ずれ防止クッション「メディカルフィット」商品ラインナップには、6種類のタイプが揃っていて、地域の小さな病院などでも普及してくれたら有難いですね。

介護用品と介護保険法

介護用品(福祉用具)は、おむつ・消臭剤といった消耗品から、食器・お箸・防水シートといった小物やシャワーチェア・ポータブルトイレといった介護保険適用の介護用品まで詳しく紹介します。
平成18年4月1日から、介護保険法が変更され特定福祉用具・特定介護予防福祉用具購入は、指定を受けた事務所から購入した物に限り、介護保険が適用されるようになりました。介護用品・「特定福祉用具・特定介護福祉用具」とは、使い回しができないものです。つまり、介護用品・お風呂に使用するような、直接肌が触れる用具をさしています。商品例(ポータブルトイレ・簡易洋式トイレ・電動安楽尿器・シャワーチェア・簡易手すり・他)等などがありますが、まず、福祉用具購入支給申請書(住まいの市区町村役所)を頂いて来る事が大事のようです。知らないと損する事が多々ありますので、常に情報確認が必要と思わざるを得ません。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ