確定申告の住宅ローンについてのサイトです

スポンサーリンク

確定申告の住宅ローンについて悩むなら勉強しましょう。>確定申告の住宅ローン、笑顔で毎日をすごせるように!!確定申告についての悩みは不要です。悩みはもう必要なし。住宅ローン、解放されるために立ち向かうのです。
確定申告の住宅ローンについて

確定申告の住宅ローン控除とは

確定申告の住宅ローン控除について紹介したいと思うのですが、確定申告の住宅ローン控除と言うのは、住宅ローンを使って、住宅を新築したり購入したり、増改築をした人は、ローンの年末の残高によって、一定の金額を所得から控除してくれるという確定申告の控除のことを言います。確定申告で住宅ローン控除を受けなければ損をすることになりますから必ず申請しないといけません。確定申告をしなければ住宅ローン控除はもらえません。確定申告で住宅ローン控除を受けることが出来るのは、住んだ年からになっています。確定申告の住宅ローン控除を受けることが出来る人と言うのはその家に居住して10年間と決められているので、35年ローンを組んでいたとしても、10年間だけ確定申告の住宅ローン控除を受けることが出来ます。確定申告の住宅ローン控除は色々と手続きがありますから面倒で申請しない人も中にはいるかもしれませんがもったいないですから必ず確定申告の住宅ローン控除は受けるようにしましょう。

スポンサーリンク

確定申告の住宅ローン控除の書類

確定申告の住宅ローン控除の際に必要な申告書類と添付書類について紹介したいと思います。確定申告の住宅ローン控除の申告書は確定申告書Aです。そして明細書と内訳書住宅借入金等特別控除額の計算明細書が必要です。確定申告の住宅ローンの控除の申請には添付書類も必要になるのですが給与所得者の場合には、源泉徴収票と購入した建物の登記謄本がその写し、そして売買契約書、住宅ローン借入金の年末の時点での残高明細書と住民票住民票の写しが必要になります。確定申告の住宅ローン控除の申請書は税務署のホームページからダウンロードすることができますし税務署に取りに行ったり郵送で送ってもらうこともできます。確定申告の住宅ローン控除の書類は色々と必要ですが、税務署のホームページには必要な書類が記載されていますし、申告書も、自動的に計算できるエクセルのファイルをダウンロードすることもできるようですから確定申告の住宅ローン控除の書類は比較的すぐに手に入ると思います。

確定申告の住宅ローン控除額

確定申告の住宅ローン控除額について紹介したいと思います。実際に、確定申告をする際に控除されるであろう住宅ローン控除額の具体的な計算の方法をここで紹介したいと思います。居住してから1年目から6年目までの場合には、住宅ローンの借り入れの残高の1パーセントが控除額と言うことになって、7年目からは10年目までは0.5パーセントが確定申告の住宅ローン控除額になります。年度によっては多少の誤差があると思われますが、確定申告の住宅ローン控除額と言うのは、この計算で出した額が控除されるとも限らず、その年の所得税の額よりも控除されると言うことはないようです。計算してでた確定申告の住宅ローンの控除額がその年の所得税よりも多い場合には、確定申告で住宅ローン控除される額は所得税の分だけの金額になって、住宅ローンの控除額が全部控除されると言うわけではないようです。ですから計算によって出た確定申告の住宅ローン控除の額が必ずしも控除されると言うわけではないと言うことになりますね。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ