家庭訪問についてのまとめ

スポンサーリンク

家庭訪問(個人面談)の意義や目的とは、生徒の日常生活をみることでしょう。それは、保健師であっても保育園や幼稚園、小学生でも同じだと思います。
なので、家庭訪問(個人面談)を断るのは辞めたほうが無難でしょう。その時は、服装を整え、玄関や部屋を片付け、お茶菓子でも用意しておくことですね。

個人面談について

それでは家庭訪問(個人面談)についてのマナーについて

家庭訪問のマナーについては、例えば、座る位置なども考える必要があるかもしれません(上座下座など)。
ただ、会社とは違いますので、そこまで細かく気にする必要はないと思います。

それよりも、真摯な態度でお迎えして、お茶やお茶菓子などをしっかりとお出しするほうがいいでしょう。
お茶菓子もそこまで高価なものでなくてもいいと思います。
あくまで常識の範囲内におさえておくといいのではないでしょうか。

時期については、入学式が落ち着いた5月頃の所が多いようですね。

家庭訪問の保育士について

家庭訪問の保育士の意義と役割は大きいと思います。
目的はもちろんの事、法的根拠もしっかりと抑えておかなくてはならないからです。

活動内容の計画を立て、母子などへもしっかりと伝えておく必要があるでしょう。

結局のところ、保育士といえども、法律も学びながら、服装なども含めて現場で慣れていくのが1番だと思います。

家庭訪問の服装とお菓子について

家庭訪問では、先生(教員)も服装には気を使われるようですね。

お菓子については、手作りのお菓子を出す家庭も増えているようです。
とはいえ、先生の好みによっては、お持ち帰りも出来るようにしておくのが親切かもしれませんね。

スポンサーリンク

お菓子を出すタイミングとしては、話が一段落ついたところでいいのではないでしょうか。
他にも、お茶も含め、出し方も気になるでしょうが、丁寧にやっておく分には、何も問題はないと思います。
お茶といえば、コーヒーとどちらにするか悩むかもしれません。
そんな時には、先生に一言、「コーヒーは飲まれます?」と率直に聞いてみるのもいいかもしれません。
苦手な方だったら、お茶にしておくというように、どちらも用意しておけば無難でしょう。

家庭訪問とマナーについて

家庭訪問のマナーを最後にまとめますと、丁寧に応対することと、洋服や部屋、玄関を整えておけばいいと思います。

細かいところをいえば、キリがないのですが、自分の分を出すかどうか気になる人もいるようです。
自分の分については、一緒に用意する方がいいのではないでしょうか。
なぜなら、先生が一人で飲むことになるからです。

他にも、例えば玄関先だけの家庭訪問の場合、座布団が必要か、あるいは立ち話でもいいのか?というにも気になるところですね。

そんな時には、念のため用意しておいて、「どうぞ」または「上がっていかれませんか?」と聞くのがマナーだと思います。
先生がお断になった場合には、そのまま立ち話でもいいのではないでしょうか。

最後に、質問事項や聞くことについては、予想して準備しておくことです。
何事もそうですが、リハーサルを行っておけば、慌てなくて済みますし、スムーズにいくと思います。

何パターンか用意しておいて、応用できるようにしておきましょう。

これは、質問だけではなく、立ち振る舞いにおいてもそうです。
先生が玄関から、上がるかどうか?から始まり、上がったらどの部屋へ案内するか?などリハーサルを行っておくことで、納得のいく家庭訪問に終わると思います。

参考にしていただき、家庭訪問が成功すればいいですね。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ