コンセントカバーについて

スポンサーリンク

コンセントを買うことはできましたか?コンセントを手に入れました!!苦労しました・・・。コンセントがカバー何よりも最高!理由も確か!形状が至高の逸品!!本物は存在します♪
コンセントカバーについて

コンセントカバーとは

コンセントカバーの詳細を紹介しましょう。まず、延長コンセント全体をカバーし、お子様のイタズラや思いがけない事故による感電やショートを防ぎます。コンセントカバーは簡単に取り付けることができます。見苦しいコンセント接続部もスッキリして、プラグ抜け防止にもなるので、ビデオ等のタイマー予約が解除される心配もなくなるようです。コンセントカバーの使用方法は2+1コ口、3+1コ口の延長コンセント専用です。タップをリブにそってはめ込んで下さい。次にコンセントカバーの取り付け方法は、製品と延長コンセントタップの左右に注意し、プラグを接続してから本体側リブに沿ってタップをはめ込んで下さい。壁、床などに延長コンセントカバーを固定するには、底面長方形のくぼみに両面粘着テープや粘着シール付マグネットプレートなどを取り付けて固定することをおすすめします。また、コンセントカバーを取り付ける場所の油の汚れをよく落としてから取り付けたらいいですよ。

スポンサーリンク

コンセントの形状について

コンセントの形状は、世界各国で使用されているプラグ(コンセント)で、5種類(A ,B,C.O、特殊形状)タイプがあるようです。その中のAタイプは主な使用国は日本、アメリカ、カナダです。規格はNEMA(アメリカ、カナダ)、JIS(日本)が基本です。しかし使用国の配線電圧が異なりますので、指定表示に注意が必要です。BタイプはBSタイプは英国BSIが設定した規格で英国及び旧英国領で使用されています。Cタイプは一般にCタイプ又はSタイプと云われている語源は不明です。 規格はDIN規格がヨーロッパ全般に使用されていましたが、1971年9月にCEE(欧州国際規格委員会)がPUBLICATION7を制定しました。0タイプの語源はオセアニアから取っています。特殊形状タイプは特殊な形状を使用しているプラグ(コンセント)を使用している国は先に述べた、イタリア、スイスとイスラエルが有ります。世界各国の安全規格の略称もありますが、コンセントにも色んな企画がある事を知らされました。

コンセントとインターネットとは

コンセントとインターネットは、松下電器が販売するPLCアダプター「BL_PA100KT」を使うと、家庭の電源コンセントでネットができるようになります。速度は実に最大190Mbps。TCPなら55Mbps,UDPなら80Mbpsまでおちるそうですが、屋内に既に配線されまくっている電力線をそのままりようできるのは便利ですね。コンセントのインターネットは、別途プロバイダとの契約やルータなども必要とのことですが、これはすごい。価格は親機と子機を1台ずつセットにした「BL-PA100KT」が約2万円、増設用の子機「BL-PA100」が約1万3000円ほどになるとのことです。なお、コンセントをインターネットの電力線、つまりコンセントをそのまま利用するということは別のどこかでつながっている電気機器の影響も受けるみたいです。例えば、ドライヤー、掃除機、携帯電話の充電などによって発生するノイズで速度が低下するとのことですが(約10%程度)子機は最大で15機まで増設可能とのことで、なかなか夢が広がる台数です。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ