レーシックの失敗について

スポンサーリンク

レーシックの失敗についての悩みならお任せ!レーシックの失敗に悩むぐらいなら、思い切って調べましょう!!レーシックの悩みは意外に多いもので、何人もいます。失敗についてのサイトです。お気軽にお立ち寄りください♪

レーシックとは

レーシックについて

レーシックとは角膜屈折矯正手術の一種で、目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する手術がレーシックです。現在、メガネ・コンタクトレンズに加えて、レーシックが一般的な視力矯正方法として認知されています。 レーシックは眼科医療として確立された視力回復手術であり、極めて安全な手術だと言われています。レーシックの先進国のアメリカでは、一般的な視力回復方法として、毎年100万件以上のレーシックの手術が行われています。 日本では、2000年1月に厚生省がエキシマレーザーによる視力矯正手術を認可し、レーシックの安全性が確認されました。認可以後は認知度が年々高まり、プロスポーツ選手や著名人をはじめ、多くの人が快適な裸眼視力を取り戻しています。 レーシックの手術は専門のクリニックでを行うことになります。レーシックの手術時間は両眼でおよそ15~20分程度で、レーシック手術中はもちろん、レーシック手術後もほとんど無痛であること、入院は不要であり、レーシックの術後すぐに視力回復の効果が現れるといった特徴があります。

スポンサーリンク

レーシックのデメリット

レーシックに関して一番の不安点は「失敗して失明しないか?」ということですが、現在、レーシックが失敗したことが原因で失明したという報告はありません。レーシックで失明しない理由は、手術が網膜をいじるものではなく、角膜の一部分(角膜の5層構造の一番上の角膜上皮)を削るためまるで見えなくなるという失明には至らないことが挙げられます。レーシックは非常に安全性が高いことは認められていますが、100%安全な手術であるとは言い切れないというのが実情なのです。レーシックに関しては失明の問題よりレーシック手術後の合併症のほうが身近な問題であり、確率的には患者の1~2%に合併症が発症するといわれています。レーシックのリスクもしっかり説明してくれる信頼できるクリニック(眼科)・医師を見つけて手術をうけましょう。レーシックは神奈川クリニック眼科、錦糸眼科、品川近視クリニックがとても有名です。

レーシックで失敗しない為に。

レーシックのリスクを最小限にし、レーシック手術で失敗しないためには、次の2つのことが重要です。 1.レーシックのことをよく理解すること。2.よい医師、よい眼科クリニック・病院を選ぶことレーシックに失敗しない為には、レーシックに関して十分理解することと、よい医師・眼科クリニックを選ぶことは極めて大切なのです。レーシックのリスクは手術費用が高いこと。適応検査の結果レーシックが受けられない人もいること。 手術後しばらくの間は制限があること。希望通りの視力が出ない場合があること。合併症の心配があること。長期に渡る安全性が実証されていないこと。そしてレーシックの場合、失敗すると後戻りできないという最大のリスクがあります。そのためレーシックはメリットだけでなく、レーシックの失敗やデメリットといった負の側面もしっかり理解した上でレーシック手術を受けてください。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ