ローンの一本化のための記事です。

スポンサーリンク

ローン一本化のためにローンの一本化、苦しみは軽減しましょう
ローンの一本化の専門家からアドバイスを!それが一番!一本化に苦悩する時は終わるのです。未来が開けます。ローンについて。

ローン一本化とは

ローン一本化とは、複数の金融機関・金融会社から借り入れをしているローン(借金)の一本化や借入件数を減らすのに適したローンのことをローン一本化またはおまとめローンといいます。

低金利のおまとめローンで借入中のローンをまとめてローン一本化にできれば、まず利息負担の軽減に伴い、金利の計算が楽になります。
返済総額や月々の返済額を抑えることができ、返済日や残高を確認する作業も軽減されます。

ローン一本化は返済への数値目標として計画的に返済する事が可能となり、これは大切な事で、ローン一本化は「後いくらで完済だ」という気持ちになり、モチベーションが上がります。ローン一本化で完済した方は多いのです。
そして、ローン一本化の大きなメリットとして、精神的に楽になります。

様々な会社から、取立てが来る事もなく、1社になります。あまり、金利が下がらなくとも、ローン一本化は様々な複合的メリットを運んでくれます。
いくつかのローン会社から個別の融資を受けているなら、ローン一本化で一本化するのが良いでしょう。

ローン一本化審査について①

ローン一本化とは一本化融資などを申し込む際の審査方法はローン会社によって様々のようですが、一般的に「安定性」と「連絡が取れなくなる可能性が低いこと」はローン一本化の審査に重視されています。

スポンサーリンク

職業は無職の方が審査に通ることは通常はまずありません。一般的に、公務員など、離職率の低い職業の方が有利とされています。
ローン一本化の審査で勤続年数は長いほど有利で、勤続年数が1年未満の場合、審査に通るのはかなり難しいようです。
ローン一本化の審査で重要な年収ですが、200万円がボーダーラインといわれており、200万円未満だとかなり不利になります。

次にローン一本化の審査の居住形態ですが、持家の場合、連絡が取れなくなる可能性が低く、また返済が滞った場合などに担保に取れる可能性があるので評価が高いのですが、賃貸で居住年数が1年未満の場合には、審査はかなり厳しくなります。

ローン一本化審査の電話番号は携帯電話のみで自宅に固定電話がない場合は信用度が低くなります。携帯すらなく電話番号なしの場合、審査に通るのは難しいです。

ローン一本化審査について②

ローン一本化についてローン一本化の審査で借入件数は、ローン会社がローン一本化の審査を行うにあたり、重視していることの一つです。

例えば、借り換えローン一本化審査に申し込んできた顧客で、1社から250万円の借り入れがある人と3社から合計200万円の借り入れがある人とでは、借り入れ総額が多いにもかかわらず1社のみから借り入れしている人のほうが評価が高く審査が通りやすいようです。

ローン一本化の返済能力など条件が整っており安全なので1社から高額な融資を得られていると判断されることも、高評価の要因と推察されます。
借入件数が何件であればローン一本化の審査に通るかは、ローン会社によって異なるようです。

ローン一本化の審査は借入件数が2~3件であれば借入件数が原因で審査に通らないということはないと思いますので、金利の低い銀行系ローン一本化などに申し込んでみることをおすすめします。

借入件数が6件以上の場合、ローン一本化に借入件数自体が原因で審査に通らないということが多いので、ローン一本化審査が柔軟といわれているところを探してみてください。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ