映画・ドラマ・TV・音楽 音楽

日本ビクターについてのhpです

更新日:

日本ビクターを大事にしようと思います。日本ビクターのおかげで気分上々です!日本ビクターの株価がいいですよね。何よりもいいです。日本ビクター株式会社が何より好き♪ほんとです。

日本ビクターについて

日本ビクター株式会社とは

日本ビクター株式会社(にほん-、Victor Company of Japan, Limited)は、映像機器・音響機器・記録メディアを主製品とするメーカーであり、日本ビクターは蓄音機から聞こえる亡き飼い主の声に耳を傾ける犬(ニッパー)とキャッチコピー “His Master's Voice” で知られています。日本ビクターは、カーオーディオならびに海外でのブランド名はJVC、ブランドステートメントを “The Perfect Experience” としています。日本ビクターの本社は神奈川県横浜市神奈川区守屋町3-12にあり、なお、登記上の社名の読みは「にほんビクター」であるが、近年のテレビ・ラジオ放送の提供クレジットやニュース番組などの報道では「にっぽんビクター」とアナウンスされています。

日本ビクターについて

日本ビクターは、現在の平面式レコードを開発したアメリカ資本のThe Victor Talking Machine Company(ビクタートーキングマシンカンパニー)の日本法人として設立されました。日本ビクターは、蓄音機の販売から始まり、現在ではテレビ、ビデオ、DVDレコーダー/プレーヤー、音響機器、ビデオカメラ、磁気テープ、光ディスク等の研究・開発・製造・販売を行っています。日本ビクターは家庭用ビデオフォーマットのVHSの開発メーカーであり、ソニーの開発した家庭用VTRのベータマックスとのフォーマット争いは有名です。日本ビクターは、2007年8月10日をもってケンウッドとの資本提携により松下電器産業の子会社ではなくなったが、引き続き筆頭株主であり、グループ企業に名を連ねています。日本ビクターは、共に家庭用AV機器を主力とし競合関係にあります。日本ビクターは、長年、松下電器創業者である松下幸之助の方針により相互補完・相互競争による発展という概念からグループ内でも独自性を持つ企業でした。

日本ビクターの株価とは

日本ビクターの株価については、注目されている事が、松下電器産業は子会社の日本ビクターを売却する方針を固めたということです。中堅AV(音響・映像)機器メーカーのケンウッドに売却する方向で交渉に入り、米大手投資ファンドのサーベラスも名乗りを上げました。ビクターは戦後に松下傘下に入り、家庭用ビデオ「VHS」などをヒットさせた名門だが競争激化で業績が低迷していました。松下はビクターを連結対象から外し、2000年以降進めてきたグループ再編の総仕上げとしています。ビクターを含む中堅電機メーカーは韓国勢などの攻勢で苦境に陥っており、今後業界再編が加速しそうです。投資判断は株式新聞社独自の判断を紹介するもので、投資に関する推奨もしくは勧誘を目的とする ものではありません。投資に関する最終決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
サプリメントプランナー Hitomi Ooishi

サプリメントプランナー Hitomi Ooishi

3年前に原因不明の体調不良に陥り、
約半年、ほぼ寝たきりのような生活を送ったことがきっかけで、
生活習慣、特に食事を徹底的に改善する。

その際、国内外の医学博士が執筆した健康関連(最新医学から東洋医学、アーユルヴェーダなど)の書籍を1000冊以上読み、実生活で実践する。


数々の書籍を読み、腸内の良し悪しが健康に大きく関わっていることを知り、腸活を実践。

長年悩まされていた便秘、大人ニキビはほぼ完ぺきに改善。それ以来、年に一度は風邪を引いていたが今ではまったく引かなくなった。


現在でも、月に最低20冊ほどの健康関連書籍を読み、知識と自分の体をより良い状態に高めている。

⇒詳しい自己紹介とご相談はこちら

-映画・ドラマ・TV・音楽, 音楽
-

Copyright© サプリメントランキングドットコム , 2018 All Rights Reserved.