目録の書き方のためのサイトです

スポンサーリンク

目録の書き方、あなたをお救いします。目録の書き方の専門家からアドバイスを!それが一番!目録に苦悩する時は終わるのです。未来が開けます。書き方、私たちがサポートします!お気軽にどうぞ!
目録の書き方

目録の書き方とは

目録の書き方について 書き方は以下を参考にしてください。表題 右部分中央に「目録」 品名 真ん中部分には贈呈する品名 数量 品名の下に「一台」「壱点」「壱式」など 目的 贈呈する由来を簡潔に書きます。例 : ○○のお祝いとしてお贈り申し上げます。また、何も書かない場合もあります。目録の書き方例 : 右の通り、贈呈いたします日付 贈る日付けを書きます。贈呈主 送り主を書きます。受領者 左の部分には宛て名を書きます。目録の書き方の敬称は「殿」「様」など 表書き 上包みの上書きに目録、もしくは贈る目的として御祝、御礼、粗品、贈、謹呈等となどと書きます。今日では、目録の書き方も上包みに水引やのしをつけ 既に「目録」 と印刷されているものもあるようです。普通目録の書き方といえば、筆で書く場合もありますよね。目録の書き方は落ち着いて丁寧に書く気持ちが大切だと思います。

スポンサーリンク

目録の書き方の記念品について

目録の書き方の記念品目録には結納のときの結納目録や荷物目録記念品やお祝い等のときの祝い目録褒賞のときの贈答目録があります。奉書紙を利用する場合は、一枚の奉書紙に目録を書き、もう一枚で目録の上包みを作ります。表書きは上包みの上書きに目録、もしくは贈る目的として 御祝、御礼、粗品、贈、謹呈等となどと書きます 今日では、上包みに水引やのしをつけ、 既に「目録」と印刷されているものもあるようですね。また退職される方へのお祝いに必ず喜んでいただけるDVD版退職記念アルバムをオーダーメイドで製作するみたいですよ。世界に一つしかない記念アルバムは最高ですね。

目録の書き方の記念品とは

目録の書き方で記念品つまり目録とは、結納品の内容を記したものです。別に「茂久録」と書かれることもあるようです。この目録を用意するのは結納品を贈る側です。目録の書き方 記念品の時に結納品と一緒に相手へ贈られます。一方、受け取った側はその受領の証として「受書」を返します。目録の取り交わしには、薄い白木の板で作られた献上台の片木盆に結納品や結納金と一緒に載せて行われるようです。目録には本来水引をかけなくても良いのですが、水引を掛けた目録が一般的です。目録は自分で用意しなくても結納を購入した際に付いてくる場合が多ので、日付や名前など必要事項を記入すれば良いだけの状態になっています。目録は毛筆で書きましょう。一般的に宛先は親名義なのですが、近年は本人名義の場合も増えているようです。表書には目録と書くか、寿と書きます。文を書く場合、文末には句読点を打ちません。日付の書き方にも決まりがあります。年・月は通常通りでいいのですが、日付は明確に書かずに吉日と表記します。目録の内容は具体的な結納品の名前やその個数です。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ