生チョコの作り方についての情報を集めています

スポンサーリンク

生チョコの作り方のことならこちらへ。生チョコの作り方は大丈夫なのでしょうか。その真意は?生チョコに苦しむあなたを救助します。見放しません。作り方、心配事は蹴飛ばしちゃいましょうね!
生チョコレートの作り方について

生チョコの作り方とは

生チョコの作り方(口の中でフンワリ溶ける生チョコ)は、まず最初に下準備として、チョコは細かく刻んでおきます。そして約10cm×17cmのバットにラップを敷いておきます。生クリームを沸騰直前まで温め 鍋を火から降ろして、 チョコを入れてよく混ぜ溶かします。 次に、ラム酒を加える時は、チョコを溶かしてから混ぜます。 チョコが溶け切らない時は加熱してもOKですが、 加熱しすぎると、チョコが分離してしまうので注意。 用意しておいたバットに流し込み 表面を平らに整え、 冷蔵庫で2時間ほど冷やし固めます。 チョコがしっかり固まったら、ラップごと取り出し、 温めた包丁で1.5cm程度の大きさに 切り分けます。最後に、ココアを入れた容器にチョコを入れて、 転がすように 全体にココアをまぶしつけます。 作業中、水気が入ると、チョコが分離してしまうので気をつけて下さいね。

スポンサーリンク

生チョコの作り方とレシピについて

生チョコの作り方簡単生チョコの作り方とレシピをお教えしちゃいます。バレンタインデーに生チョコを手作りすると、すごくよろこばれますよ~。また、最近はホワイトデーに手作りの生チョコを返すのもお洒落です。レシピは、つぎのようになります。チョコ 300g(ビターでも、ホワイトでも、お好みでOKです。)、生クリーム 200g、ココアの粉末 お好み、バター 30㌘。 作り方はつぎのようになります。包丁でチョコを細かく切って、バターと共にボールへいれます。生クリームを鍋に入れて、沸かします。生クリームが「プツプツ」と泡を出し沸騰してきそうになったら、沸騰する前に火を止めて、削ったチョコを入れて、泡立て器で溶かします。型にラップをしいて、チョコを流し込みます。そして冷蔵庫に入れて完全に固まるまで待ちます。固まったら、温めた包丁を使って切っていきます。包丁は温めないと、チョコが割れてしまいます。最後にココアパウダーを全体にふりかければ完成です。生チョコって、意外と簡単にできちゃうんです。

抹茶生チョコの作り方とは

抹茶生チョコの作り方の材料は、ホワイトチョコレート 350g、 バター 35g、 生クリーム 130g、抹茶 大さじ1 、砂糖 10g、ブランデー お好み、 粉糖 大さじ2。 これで、20×20cmの抹茶生チョコができます。作り方は、つぎのようになります。チョコレートを細かく切って、バターと一緒に小さな容器にいれて溶かします。容器を直接加熱するのではなくて、大きな容器にお湯を入った大きな容器の中小さな容器を入れて行います(いわゆる、湯煎ですね)。抹茶は茶漉しを通し、砂糖と合わせてからブランデーに溶いておきます。生クリームを沸騰直前まで熱した後、先ほどのチョコレートに加えて混ぜ合わせる。そして、先ほどのブランデーミックスを加えて、木ベラで均一になるまで合わせてます。ラップを敷いて容器にチョコを流し、冷蔵庫に入れて完全に固まらせます。固まったら、包丁で切って、それに抹茶と粉糖を茶漉しを通したものをまぶして完成です。尚、バターは、無塩バターを使ってください。 普通のバターでもできますが、味が違ってきます。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ