女性の入院保険について

スポンサーリンク

女性のための入院保険がいいですよね♪女性の入院保険、私たちがサポートします!お気軽にどうぞ!女性は大丈夫なのでしょうか。その真意は?入院保険、恐れることはないのです。みんなも同じでした。
入院保険について

女性のための入院保険とは

女性の入院保険つまり、女性特有の病気に手厚い入院保険は?というとまず、20台、30代の女性は男性よりも入院する率が高く、女性特有の病気はその一因となっています。女性入院保険は、女性特有の病気で入院したら、入院に保障を絞った単位の医療保険は数多く発売されていますが、中には女性特有の病気について保障を手厚くしたタイプもあります。女性入院保険・この保険、盲腸や骨折など一般の病気・ケガによる入院も保障されるので、すでに1つ医療保険に加入しているのであれば、女性入院保険をわざわざ解約して入り直すことはありません。新規の加入や見直しを検討している人は、選択肢の1つに加えてみるといいでしょう。女性入院保険は、保障が一定期間で終了する更新型と一生涯保障される終身型があります。女性入院保険・(医療保険の終身型と更新型)の二つが用意してありますので、ご自分に合ったものを選んだらいいですよ。

スポンサーリンク

女性のための入院保険とは

女性の入院保険には、更新型・保険期間15年・90歳まで更新可の女性特有の病気と、胃がんや膀胱炎など女性にも多い病気、またすべてのがんも重点保障の対象となります。女性入院保険・継続2日以上の入院から保障され、入院に付き180日、通産1000日までが限度となります。また、女性入院保険・入院してもしなくても、3年ごとに生存給付金が受け取れるのも特徴になっています。入院日額5000円(女性特有の病気など重点保障対象の入院時は日額1万円)のプランの場合、生存給付金は3年ごとに75000円もらえます。女性入院保険の、保険期間中に5回受け取れるので合計375000円になります。女性入院保険の、毎月の保険料は25歳なら4636円。15年間で834480円支払うことになりますが、そのうち375000円が払い戻されるので実質2552円の保険料ということになります。女性入院保険の月払い保険料・30歳ー4843円。35歳ー5150円。40歳ー5667円となっていますので参考にして下さい。

女性の入院保険にあうもの

女性入院保険には、女性にやさしい入院保険というのも合って、更新型・保険期間10年・80歳まで更新可の女性特有の病気、乳房切除手術、皮膚移植・傷あと形成・外反母趾などの形成手術を受けた場合に保障が手厚くなる女性入院保険です。入院日額6000円で1泊2日の入院から保障ですが、女性特有の病気に対する上乗せは継続8日以上入院した時だけです。女性入院保険・その場合は1日目にさかのぼって日額4000円が上乗せされ、日額1万円の入院給付金が受け取れます。女性入院保険の保険期間中に入院給付金を受け取らなかった場合には12万円の無事故給付金がもらえます。女性入院保険継続2日以上8日未満の入院や手術給付金のみ受け取った場合は無事故扱いになるので、無事故給付金も受け取れます。入院730日、通算730日まで保障する女性入院保険です。その他にも、短期入院にも安心の女性入院保険も用意してありますので、合わせて参考にされたらいいですよ。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ