中古ピアノの選び方

スポンサーリンク

中古のピアノが欲しくなる!中古のピアノが欲しくなる!そんな季節です。中古はやっぱり”いい”!!当然です!ピアノが欲しくなる!そんな季節です。

ピアノについて

中古ピアノの選び方を簡単にまとめてみました。

中古のピアノの選び方は、そんなに難しくはありません。
選び方の最も大切なポイントは見た目で判断しないことです。
まず中古ピアノの中を見てみて下さい。弦で張られたチューニングピンなどに錆が入っているのも注意ですが、下手に磨くのも中古ピアノ音が壊れる原因になってしまうのです。
次に鍵盤と連動したハンマーヘッドこれが中古ピアノの選び方に重要な要素となります。なぜならば音色を決めているからです。
なので中古ピアノの割にハンマーヘッドがあまりに綺麗なときは要注意となります。そしてハンマー部分が不揃いに並んでいるときも中古ピアノの選び方の基準になります。
最後に当然実際に弾いてみた特に低音はわかりやすいのでしっかり聞きましょう。
本物は中古のピアノになる程、音に深みが出てくるはずです。是非、選び方の参考にしてみてください。

スポンサーリンク

中古のピアノの販売、この商品はいいです♪

中古のピアノを販売している所は数多くあります。
その中でもメーカーではYAHAMAが有名ですが、KAWAIやDIAPASONも中古ピアノにおいての特色があります。
一生に何度も購入する物でもないので、販売しているお店を見つけた時は各中古ピアノの特色をしっかり掴んだ上で販売しているお店に入りましょう。
中古ピアノでは弾く人が初心者か上級者かでも違ってきます。
中古ピアノの中でも初心者にもお勧め出来るのが「VICTOR」のスタンダードタイプを販売している店舗ですね。弾き手によって色々な音色を楽しめるでしょう。
他に中古ピアノを販売しているお店でも保証がどれだけ付けているかも大切になってきますね。色々見て回ってじっくり選んでいくのことも、中古ピアノの醍醐味のひとつではないでしょうか。

中古のピアノの買い取りがいい感じ♪

中古ピアノの買い取りを頼むときにいくつか大切な事をあげておきます。
まず買い取りをお願いする理由として家の引っ越しや買い換えなど様々な理由があると思いますが、中古のピアノになっても寿命は100年以上はもつといわれています。
部品自体でも35年は持つと言われているのですから、特別な事情がなければ中古ピアノの部品だけ買い取りを頼んで新品に買い換える、という方法もあります。
どちらにしても中古ピアノの買い取りの際のポイントとなるのが定期的に調律をしているかが影響してきます。
なぜなら中古ピアノの場合は調律を1からやる直すと時間も手間もかかるので、買い取りに影響する事もあるんですね。
他にも買い取りを高く取って貰うためにはピアノの上に水を入れた入れ物などを置かない事など気を遣って大切に扱っていれば買い取りも高くなると思います。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ