ポインセチアの育て方のことならこちらへ

スポンサーリンク

ポインセチアの育て方、解決は困難ではないのです。ポインセチアの育て方、心配事へのSOS。いつでも呼んでください。ポインセチアに関する各種ご相談を受けています。お気軽に♪育て方について悩んでいませんか?

ポインセチアについて

ポインセチアの育て方とは

ポインセチアって主に、真っ赤に色づく(白やピンクやマーブル模様のものもありますが)葉を鑑賞する多年性の植物で、ポアインセチアは、日本でもクリスマス時期になると街のいたる所で飾られています。ポアインセチアは、クリスマス時期によくでまわるので、寒さに強いと思われがちですが、ポアインセチアはもともと原産地が中央アメリカという熱帯に属する場所なので、逆に日本の寒さは厳しいみたいです。ポアインセチアは需要があるからと思いますが、園芸品種も多く出回っており、ポアインセチアの八重のものや比較的コンパクトな草姿になるものなど選択肢が多いことと、ポアインセチアは、花の少ない時期に鮮やかな色で楽しませてくれる魅力があります

スポンサーリンク

ポインセチアの育て方について

ポインセチアの日常の手入れは、花が咲いたあとの株の冬越しに成功したら、4月の中頃ポインセチアの花(下葉が落ちて鑑賞価値がなくなったら、1~3月でも可)に下から2~3節を残して切り戻しをおこないます。そうすることで、ポインセチアの新芽が元気に伸びてきて、バランスのよい草姿になります。ポインセチアをそのまま切り戻しをせずに放っておくと上の方の枝からも芽が出てきてバランスの悪いものになります。ポインセチアは短日植物のため、日の当たる時間が12時間以下にならないと花が咲かない性質を持っています。そこで、ポインセチアを9月以降は光の当たる時間を調節してやることが重要な作業になります。そのかわり、ポインセチアは、日中は良く日に当てることが大事です。ここでは目安として40日間と書きましたが、ポインセチアを面倒でなければ葉の色が完全に色づくまでやった方が確実です。

園芸のポインセチアの育て方

園芸のポインセチアの育て方で大事な事は、生育期間中(4から10月)は土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えるようにしましょう。ポインセチアは冬は生育もにぶりますので、園芸で土の表面が乾いて3から5日くらい間を空けて、控えめな水やりを心がけましょう。園芸でポインセチアは冬は室内で管理することになりますので、暖房が直接あたる所などに置かないようにしないと、一日で枯れてしまいます。ポインセチアは4月から10月まで月に1回、化成肥料を置き肥します。(量は肥料の袋などに書いてあるのを目安に普通程度)。ポインセチアの開花後は液体肥料を月に3回ほど与えます。ポインセチアは、園芸は基本的に2から3月は生育がほとんど止まってしまうので肥料を与える必要はありません。ポインセチアは当たりが悪いと下葉がすべて落ちてしまいます。短日処理をする時期、時間以外は良く日光に当てるようにしましょう。ポインセチアは寒さには弱く、15℃をきる頃には室内に取り込む準備をしましょう。また、園芸ではポインセチアを日中は窓際の良く日のあたる場所に置いてあげましょう。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ