冷蔵庫の処分のことならこちらへ

スポンサーリンク

冷蔵庫処の処分とリサイクル、心配事へのSOS。冷蔵庫処の処分とリサイクルについての悩みならお任せ!あなたの道しるべです。冷蔵庫処、早急に解決しましょう!!できます!処分について悩んでいませんか?
冷蔵庫の廃棄処分について

冷蔵庫の処分方法とは

冷蔵庫を処分する際には、リサイクル料金などの処分料金が必要となります。大手メーカーの冷蔵庫の標準的リサイクル料金は4,830円です。冷蔵庫処分方法ですが、新しく買い換える場合や、購入した店が分っている場合は、買い替えをする店又は購入した店に冷蔵庫の引き取りを依頼してください。冷蔵庫リサイクル料金のほかに収集・運搬料金が必要となります。他の冷蔵庫の処分方法は、①家電リサイクル協力店に依頼する。 リサイクル料金のほかに収集・運搬料金が必要となります。②メーカー指定の引き取り場所に冷蔵庫を持ち込む。郵便局で家電リサイクル券を購入し、製品と一緒に指定引き取り場所へ持ち込んでください。③清掃事業所に持ち込む。郵便局で家電リサイクル券を購入し、冷蔵庫を一緒に持ち込んでください。指定引き取り場所への冷蔵庫運搬料として、1台あたり1,200円がかかります。

スポンサーリンク

冷蔵庫リサイクルについて

冷蔵庫のリサイクルですが、平成13年4月から使用済みのテレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコンの家電4品目を対象として、その資源の適正な処理と資源の有効活用を目的に、製造メーカーや販売店、そして消費者が協力してリサイクルに取り組む、特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)が施行されました。平成16年4月には、冷凍庫が追加され5品目となりました。冷蔵庫の場合、冷蔵庫の製造メーカーは自社製品の回収と再商品化、販売店は消費者から冷蔵庫製造メーカーへの引き渡し、消費者は冷蔵庫リサイクル料金と収集運搬料金 を負担して冷蔵庫のリサイクルが行われます。ただし、指定された場所へ自分で冷蔵庫を運ぶ場合は収集運搬料金は必要ありません。また、処分方法として、冷蔵庫の状態が良く、年式も新しい場合はリサイクルショップに売る方法もあります。

冷蔵庫リサイクルショップとは

冷蔵庫はリサイクルとして買取が出来ないものがあります。冷蔵庫の状態によってはリサイクル品としての引取りができない場合があるのだそうです。リサイクル品として引き取りが出来ない状態のものとは①冷凍室に霜がついている②内部のトレーに大きなヒビが入っている③パッキンに汚れがしみこんでいて取れなくなっている④虫がわいている⑤内部の壁面が割れている箇所がある⑥故障している⑦その他再生させるのが難しい要因がある場合。などです。基本的に、2002年以降に製造された冷蔵庫は、リサイクルとして引き取ってもらえるようですが、年式・状態によっては不用品という形で引き取られるようです冷蔵庫をリサイクルに出す場合は、年式と状態が重要なポイントなるということです。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ