漏電ブレーカーについてのホームページです

スポンサーリンク

ブレーカーとは?思い悩むぐらいなら。ブレーカーについて苦痛と思うなら!!解消する勇気を!漏電ブレーカーは実際はそんなに難しい問題ではないのですよ。アンペアブレーカーに悩むあなたを見ていられない。
漏電ブレーカーについて

漏電ブレーカーとは

ブレーカーとは電気の使いすぎや、ショートにより回路に過電流が流れると自動的に電気を遮断する機器をブレーカまたは配線用遮断器といいます。ブレーカーの目的は屋内配線を 保護するもので、電線からの出火を未然に防ぎます。また、ブレーカーは漏電が発生した場合に自動的に電気を遮断する機能を付加したものを漏電ブレーカまたは漏電遮断器といいます。現在は、広範囲な保護を目的としたブレーカも開発されており、屋内配線の保護に加えて、電気製品の電源コードの短絡保護のブレーカー、コンセント部のプラグのトラッキング現象による短絡保護を兼ね備えた高機能品のブレーカーもあります。電力会社と家庭の契約アンペア値を超える電流が家庭に流れた時に電気の供給を自動的に止める装置はアンペアブレーカーといいます。

スポンサーリンク

アンペアブレーカーについて

アンペアブレーカーとは、電力会社と家庭の契約アンペア値を超える電流が家庭に流れた時に電気の供給を自動的に止める装置です。アンペアブレーカーは、一般的には玄関や廊下などに設置される家庭用分電盤の左側に取り付けられています。アンペアブレーカーは正式には電流制限器のことで、リミッタやサービスブレーカーと呼ばれる事もあります。アンペアブレーカーは各家庭の電気回路を開閉するスイッチの役割を果たしているのです。アンペアブレーカーは、漏電ブレーカーや安全ブレーカーと同種の装置と受取られることがありますが、異種の装置です。漏電ブレーカーや安全ブレーカーは漏電や地絡といった電気回路の故障が原因で引き起こされる感電事故や、家庭内の電気機器の損傷を防止するために設置されるブレーカーで、電気設備を設置する際の法規的な基準となる電気設備技術基準に基づいて設置されるブレーカーであり、アンペアブレーカーは電力会社との契約アンペアを超えた電気を使用した場合に自動的に電気を止めるために設置される装置なので、その性質は違うのです。

ブレーカーの種類とは

ブレーカには何種類かの遮断原理がありますが、その中の一例を紹介します。ブレーカの内部には、2種類の熱膨張係数が異なる金属板を貼り合わせた「バイメタ ル」と呼ばれる金属の板が組み込まれています。バイメタルは電気を流すと発熱し、湾曲します。ブレーカには、定格電流が定められており、連続して電気を流すことのできる電流を規定しています。(通常一般家庭では、定格電流20Aのブレーカが使われ、これを安全ブレーカといいます) 定格電流を超える大きな電流が流れると、ブレーカ内部のバイメタルの発熱量も湾曲量も大きくなり、ブレーカ内部の接点引き外し装置を動かして、回路を遮断します。漏電などで異常な電流が一定以上流れると、0.1秒以下の速さで自動的に遮断させることがブレーカと同様に規格(日本工業規格 JIS)で定められています。また、ほとんどの漏電遮断器がブレーカの機能を持っています。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ