新築そっくりについてのホームページです

スポンサーリンク

新築そっくり、売り切れる前にぜひ!!新築そっくりがはやっているんですよ~♪新築そっくりから特選しました♪ぜひどうぞ。新築そっくりさんがいいですよね。何よりもいいです。
新築そっくりについて

新築そっくりとは

新築そっくりには、10の特長があるようです。先ず1)建て替えの半額、2)安心の完全定価制、3)標準工事で耐震補強、4)工期は建て替えの半分、5)住みながら工事、6)専属の施行統括者、7)専住一貫担当制、8)確かな検査体制、9)24時間対応お客様センター10)保証書・アフターサービス。新築そっくりさん以上です。その他に新築そっくりで、最も大事な事は、水の配管に関してですが、特に気をつけてくださいね。新築そっくりでは、すべての水を出し切り、それでもきちんと流れるか?また、雨が降った時などは、樋を通じた雨水がそれ以上の重荷が掛けますから、逆流もありえます。新築そっくりでは、流している水量に比べ下水の枡部に、流れる水量が少ないと思うならば、どこかで接続ミスもありえます。新築そっくりでは、水の流れは、建物の土台部を腐食させ、建築物全てをダメにしますから。

スポンサーリンク

新築そっくりさんについて

新築そっくりにするリフォームの意義はと言うと、新築そっくりさんを代表とする、まるごとリフォームがすっかり定着してきて、建て替え工事よりもリフォーム工事をする人が増えている様です。そこで、新築そっくりさんをテーマに、今後の住宅事情を考えて見たいと思います。建て替えにするか?新築そっくりさんのような、まるごとリフォームにするか?どちらにするかの判断材料として、二つのことが挙げられます。 まず、新築そっくりの住宅の耐久年数と、後継者の存在です。これまで住宅の耐久年数は25~30年と言われていました。それは新築そっくりの、中途半端な気密化と断熱化による、湿気の多い住宅工法が原因でした。が、近年このようなことはかなり改善され、新築そっくり住宅の性能に関する技術的・工法的なレベルは、一定以上になる傾向が見られます。

住友不動産の新築そっくり

住友不動産の新築そっくりは、更に新耐震基準改正後の平成12年以降の住宅は、50年以上の耐久性があるといってもおかしくない住宅が現われています。新築構造体部分の耐久性が高まり、また、環境負荷の軽減のため、資材・エネルギーの有効活用といった面からも、住宅の骨組みをそのまま利用して、水廻りや内外装のまるごとリフォームを行う、新築そっくりさん工法は、ますます増えていくものと予測されます。一方、高齢者社会に移行した我が国では、老人世帯の増加と後継者となる子供世帯の相対的な減少が、新築そっくりさん工法の増加に影響していることも見逃せません。具体的にいうと『建替えしたって、息子が跡を継ぐわけでは無い!!』という事情です。新築そっくりさんは、老夫婦だけとなった住宅は、建替えをする必要性がなくなって来ます。そこに、新築そっくりさんのような、まるごとリフォーム需要が増加していく原因があります。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ