新型プリウスワゴンを少しでも早く手に入れる方法

スポンサーリンク

新型プリウスワゴンについて新型のプリウスワゴンもおそらく販売開始(発売日)と同じく納期が延びる可能性が大です。

そうなってしまうと、トヨタのディーラーでは購入しても直ぐには手に入りません。
そもそもまずは予約という状況になってしまいます。

なので、そうなった場合にでもプリウスワゴンにいち早く乗れる方法がありますので、ご紹介しておきますね。

>>前半の記事はこちら『新型プリウスワゴンの販売時期は?販売日について』
画像も満載です。
プリウスワゴンの動画は今回の最後に載せてあります。

方法は至って簡単でシンプルです。

このような人気車で手に入りにくいと予想される場合、必ず抑えておく業者が存在します。

そこで、その業者から購入する、という方法です。

この方法のデメリットは次の2点です。

  1. セカンドオーナーになってしまうこと。
  2. 少しだけ割高になってしまう。

割高という面では、実はそこまで新車と変わりません。

もちろんセカンドオーナーとはいえ、名義上だけの話で、走行距離は数キロという新車と同じ状態で手に入ります。

プリウスワゴンを手に入れて、少し乗って売る。という方には向いていない方法かもしれません。
このような場合だと、セカンドオーナーでは安くなってしまうので。

売るタイミングもありますので、もし少しだけ乗って、人より早く乗れた気分をあじわいたいだけならば、
皆がまだ納期待ちの状態で売れば、逆に高く乗れる可能性もあります。

ただ、プリウスのコンセプトを考えると「乗りつくす」というほうが向いてるといえるかもしれません。
その場合にはセカンドオーナーでも問題ないと思いますので、この方法で手に入れいるといいでしょう。
※この記事をお読みの方で、どこで手に入れたらいいのかわからなければ、
販売が開始されましたら、実際に手に入れる方法を直接ご紹介いたします。
ご希望の際にはフェイスブックよりアプローチください。

新型プリウスワゴンのその他の情報

プリウスワゴンの色は、現行のプリウスとほとんど変わりません。
※白と黒が人気があるでしょう。

他にもタイヤサイズやスペックも気になるところです。

現行のプリウスとワゴンタイプは具体的にどこが違うのかというと、サイズやスペックとなりますよね。

ところで、プリウスワゴンの正式名称をご存知でしょうか?
プリウスワゴンの正式名称は、「プリウスα」です。
覚えておけば、注文の際にも助かるかもしれませんので。

ここまで、プリウスワゴンを押してきましたが、デメリットもあります。

それは…

プリウスワゴンのデメリットとは

プリウスワゴンのデメリットとは、ずばり、スライドドアではないことです。

現状では、ハイブリッドのワゴンタイプではスライドアが付いているのは、
エスティマハイブリッドだけのようです。

スポンサーリンク

ワゴンでスライドドアでないのは、今時ではきついですね。
特に高齢化社会も考えてみても、そしてお子様のことも含めて、
トヨタ自動車も、もったいないことをしたと思います。

それでも価格帯のことを考えれば仕方ないのかもしれません。

トヨタ自動車としても、プリウスですから、手に入れやすい価格での提供を目指しているのかもしれません。

プリウスワゴンは内装も悪くはないようなので、気になる方はベストカーでもみてみるといいでしょう。

プリウスワゴンの販売時期(発売日)の今後

プリウスワゴンの販売時期(発売日)の今後の情報に関しましては、
こちらでも随時お伝えしていこうと思います。

気になる方や情報をいち早く手に入れたい方は、feedの購読かあるいはブックマークしておいてください。

日本の復興と共にプリウスワゴンも発売時期(販売日)が決定し納品されていくことでしょう。

私自身7人乗りタイプのグレードのプリウスワゴンに早く試乗してみたいものです。
試乗できましたら、その広さと共にお伝えしてまいりますのでお楽しみに。

プリウスの動画一覧(まとめ)

【発進】プリウス ワゴン ミニバン(スペースコンセプト)

ワゴン型プリウス、4月発売=燃費30キロ以上に―トヨタ

※燃費良すぎ(^_^;)

トヨタ 「プリウス」ワゴンタイプ公開

※次々と発信するプリウスワゴンをみるとワクワクしますね。
トヨタ自動車さんレビューしますので是非プリウスワゴンを…とこっそり書いてみる)

ワゴンタイプのプリウス登場 低燃費競争が激化へ(11/03/09)

※プリウスワゴンのニュースです。

プリウス スペースコンセプト 試乗インプレッション:XaCAR2011年5月号

※プリウス スペースコンセプトにお台場・メガウェブで試乗した際のインプレッション動画です。

参考サイトURL

◆プリウスのTOYOTA公式ページ
http://toyota.jp/prius/

◆トヨタ・プリウス~wiki
プリウスの歴史などが読めます。

◆現行プリウスの実燃費
[解説]

東京へ行った時のことです。

深夜の高速道路でした。

いくら実燃費のいいプリウスとはいえ、
ガソリンスタンドがない!
という状況の中で、ギリギリの走行をしている状況です。
※スタンドまで30数キロ ガソリン残量で走れる距離40数キロ
という微妙な状況です。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ