資生堂のアベンヌのウォーターはとてもワンダフル♪

スポンサーリンク

資生堂のアベンヌウォーターについてのサイトです。資生堂のアベンヌのウォーターが優れている理由!知ってますか?資生堂が極上でしょうか。代えはいりません!アベンヌはやはり買いでした!!良かった~♪

化粧品のメーカーや種類は沢山ありますので、どれを使っていいか迷うところです。
そこで今回は資生堂のアベンヌウォーターについて、調べてみたことを独自の視点でまとめてみました。

資生堂のアベンヌウォーターについて

資生堂のアベンヌウオーターの使い方について

資生堂のアベンヌウォーターの起源であるアベンヌは温泉水という自然のパワーと、ピエールファーブル社の皮膚科学のノウハウにより誕生したスキンケアシリーズとなります。資生堂のアベンヌには敏感肌そして乾燥肌に効果的であり敏感肌にとてもあう化粧品が揃っています。

アベンヌはスプレータイプの化粧水です。そして肌のかゆみや赤みなど、敏感肌の人にとても向いている化粧水となっているようです。
アベンヌウォーターをメインの化粧水として使用しないでプレ化粧水として使っている人も沢山います。
資生堂のプレ化粧水は、化粧水の浸透や肌への吸収をよくするため使うスプレータイプの化粧水で、クレンジングや洗顔のあとミネラルウォーターを顔に吹きつけ更にパッティングすると化粧水の浸透が良くなります。

資生堂のアベンヌウォーターだけで物足りないという口コミも多いようです。そこで資生堂のアベンヌウォーターの使用後、保湿クリームを使い、資生堂のアベンヌウォーターをプレ化粧水に使っているというクチコミ情報もあるほどです。

プレ化粧水は化粧水自体あまり保湿成分は含まれていません。そんな時は資生堂のアベンヌ保湿クリームを使えば、肌のうるおいを保つのに最適です。

アベンヌウォーターとは

スポンサーリンク

資生堂のアベンヌウォーターの起源、アベンヌの歴史

資生堂のアベンヌウォーターの起源であるアベンヌとは、フランスの南にあるアベンヌ村に湧き出る約270年前に発見された肌にとても良い温泉水、そしてフランスで医薬品メーカーで長年の歴史を持っているピエールファーブル社との出逢いで誕生したのです。

1975年にアベンヌの温泉水の源泉を買い取り南仏の小さな薬局からスタートしたのが、医薬品メーカーのピエールファーブル社でした。
ピエールファーブル社はアベンヌ温泉水という自然のパワーと医薬品メーカーの開発力の融合で敏感肌を健やかに導くアベンヌスキンケアを誕生させました。それからアベンヌスキンケアはというとケアとコスメの間に位置する「デルモコスメティック」と呼ばれています。

「自然の力を借りて、本来の健康を取り戻す」という基本理念でアベンヌ温泉水は今更に研究が続けられているのです。

資生堂の化粧品ならアベンヌウォーター

資生堂のアベンヌウォーターの起源、アベンヌの温泉水

資生堂のアベンヌウォーターの起源となっているアベンヌの温泉水とは、約270年前にアベンヌ村で発見されました。
アベンヌ温泉水は肌に良い温泉水で一躍フランス中で有名になったのです。それから国境を越え世界中に広く知られるようになりました。

アベンヌ村の北部山地に降る雨はフランスで最も古い複雑な地層を40年以上かけ通り抜けたあとアベンヌ温泉水として湧き出るのです。
アベンヌの温泉水は透明無色そして無味無臭であり雑菌をまったく含みません。
湧出する水の温度は26度と一定なのでphは中性の7.4で敏感な肌をやさしく包んでくれるのです。

資生堂のアベンヌウォーターとは、アベンヌの温泉水を無菌室で光に触れないようにし、ピュアな状態のままボトリングしています。
アベンヌの温泉水とは生まれながら肌に良いミネラルバランスがあります。そして水分と水質が一定しているのです。

⇒アベンヌウォーター一覧から最安値を探す。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ