太陽光発電のメリットとデメリット(長所・短所・欠点)とは

スポンサーリンク

太陽光発電のデメリットについて太陽光発電(オール電化)のメリットとデメリット(長所・短所・欠点)2011年(平成23年度)についてまとめました。
追記:2012年でも通用する内容となっております。若干の変更点などは各自サイトでお確かめくださいませ。

太陽光発電(オール電化)のメリット

太陽光発電(オール電化)のメリットはわかりやすいと思います。

単純に申しますと電気代が浮く、ということです。

そして使用した電力より上回った場合には、電気を売ることができる。
ということが最大のメリットとなります。

この理由で長く使い続ければ使い続けるほど、初期費用を回収した後、利益も出る可能性がでてくる、
というものです。

太陽光発電(オール電化)を薦める電気店などでは、このメリットばかりを強調すると思います。
もちろん利益を出すためなので仕方がないところもあるかもしれません。

ところがこのメリットがデメリット(長所・短所・欠点)になるおそれもあります。

スポンサーリンク

その内容を次に解説してまいります。

太陽光発電(オール電化)のデメリット(長所・短所・欠点)とは

太陽光発電(オール電化)でのデメリット(長所・短所・欠点)とは、ズバリ一言でいうと初期費用の高さです。

現在、シャープ・三菱・三洋(サンヨー)・京セラといった大手が開発を急いでいますが、
現段階では回収するといわれていても10年単位です。

今後どのように太陽光発電(オール電化)の技術が発展し国からの補助なども変化するかわかりません。

普及し大量生産してくれば、初期投資も安く抑えられていくと思われますので、
少し様子みでもいいのかもしれません。

ただその為には普及しなければ、いけませんので、ここに矛盾が生じてきます。
※新型に取替え保障などが付けば、更に普及率は上がるかと思われますが現実的ではないでしょう。

そこで、今回はこの太陽光発電(オール電化)のデメリット(長所・短所・欠点)をできるだけ回避する方法を2つご紹介たします。

>>「太陽光発電(オール電化)のデメリット(長所・短所・欠点)の解消方法」後半下続く

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ