定期代の検索について

スポンサーリンク

定期代、あなたを放ってはいきません。定期代は解決できる問題なのです。検索、心配事は蹴飛ばしちゃいましょうね!電車の定期代、放置しちゃダメです。それが後に大きくなるのです!
定期代について
※この情報は、少し古い可能性があります。
最新の情報は、定期代検索のジョルダンで取得してください。

定期代とは

定期代にもルートを良く考えて調べてみるのも一つの手段でしょう。4月からの新生活、通勤・通学ルートのチェックは万全ですか? 東京の地下鉄を乗り継ぐ場合などは、「goo 路線」でじっくり調べてみたら、乗り慣れたいつものルートより、もっと効率的なルートが見つかるかもしれません。交通費の申請に必要な定期代も同時に調べられます。「goo 路線」では、最短ルートや定期代が簡単に調べられます。定期代の料金で、基本的にはすることは2つだけです。自分が住む場所の最寄り駅と、会社や学校など、目的地の最寄りの駅の名前を入力して、後は検索ボタンをクリックすればオーケーです。検索結果は到着時間順だけでなく、料金順、乗り換え回数順などで並べ替えができます。[乗り換え回数]や[所要時間]、[料金]のほかに、1ヶ月/3ヶ月/6ヶ月の定期運賃も表示するので、「少し余分に時間が掛かっても安い方ルートを探したい」という人にも便利です。

スポンサーリンク

電車の定期代について

電車の定期代では行き先の天気や、周辺地図をチェックしましょう。そして、「goo 路線」では、検索結果で表示した駅の時刻表や周辺の地図/天気など、関連情報もまとめてチェックできます。電車の乗車駅や下車駅の時刻表を調べておけば、遅刻することや終電を逃すことがなくなりますし、定期代を事前に天気予報を確認しておけば、突然の雨に悩まされることもありません。また、路線検索結果をメールで送ることもできます。電車の定期代でPCでお出かけ前に調べた乗換え情報をiモード携帯電話にメールしておけば、出先で情報を確認したり、電車の予定の変更に対応して時刻表を調べなおすこともできます 。また、電車やバスで通勤している場合、会社から支給される通勤定期代は、一ヶ月当たり10万円まで非課税!だそうです。さらに定期券にICカード機能がプラスされて買い物にも使えて便利になっているようです。ご存知でしたか。

定期代の検索とは

定期代の検索も便利になったものですね。昔は各鉄道会社の定期券売り場に値段が記載されていて、それを見ないと定期代はわからなかったのですが、今はヤフーのトップページから路線検索へと進み、出発地と到着地を入力すれば検索結果の右上に表示されているんですね。定期券を1か月、3か月、6カ月とも同時に表示されているので再度定期代を検索する必要もなく便利です。以前は半年分の定期券を買うとなくしたときの出費がばかにならないので、安いとは言っても6か月定期券を買うのに躊躇した人もいただろうが、最近のIC定期券(本州のJR各社で売られているスイカ、あるいは私鉄や地下鉄で使えるpitapaやパスモなど)は紛失した場合でもわずかな再発行手数料で作りなおしてくれるからリスクはかなり減っているようですよ。定期代の検索も定期の再発行も楽な時代になったものですね。モバイルSUICAなどのように、携帯電話が定期券になる時代もそう遠くないかもしれませんね。何もかも進行中です。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ