介護 知恵や予備知識など

シニア保険についてのサイトです

更新日:

シニアの入院保険について ~まずは情報収集~シニアの入院保険、ここで悩みを撃退してください!!シニアは大丈夫なのでしょうか。その真意は?入院保険に悩む日々から脱出です。笑ってすごすのです。
シニア保険について

シニア入院保険とは

シニア入院保険とは、50歳以上(商品によっては40歳以上)の中高年を対象にした、簡単な手続きだけで加入できる保険のことです。シニア入院保険は、「無選択型」とも呼ばれ、告知書の提出や医師の診査なく加入することができます。このシニア入院保険は、「年齢を理由に保険の契約更新ができなかった」「入ろうとした保険で、健康上の問題などから診査段階で加入できなかった」など、保険に加入することが難しくなったシニア世代から注目を集めています。シニア入院保険は、大きく分けると、死亡後に保障が受けられる死亡保障型と、入院費などの医療費が保障される医療保障型があります。このシニア入院保険は、加入しやすいというメリットがある反面、リスクが高い人向けの商品なので、一般の保険よりも保険料は割高になっているようです。

シニアの保険の種類

シニア入院保険の種類を少々取り上げて見たいと思います。保険期間が5年、シニア入院保険の入院保険金3000円入院保険金支払い条件、継続5日間以上。手術保険金(種類により一回につき)12・6・3万円シニア入院保険退院お祝い金、3万円となっていて、満55歳から80歳まで「入れる」保険。保険期間は5年間。最長満85歳まで継続できる医療保険です。シニア入院保険(例)2は、保険期間・保険料払い込み期間・終身で入院給付金は無し。病気死亡時:128、1万円、災害死亡時:512、4万円(保障内容は本人型6000円コース・50歳・男性の場合)=満50歳から80歳まで入れるシニア入院保険・終身保険。満50歳から80歳までなら医師の診査や告知書なしでお申し込みができます。他にもシニア医療保険があります。

シニア入院保険と生命保険

シニア入院保険とは、50歳以上(商品によっては40歳以上)の中高年を対象にした、簡単な手続きだけで加入できる保険のことです。シニア入院保険は、「無選択型」とも呼ばれ、告知書の提出や医師の診査なく加入することができます。このシニア入院保険は、「年齢を理由に保険の契約更新ができなかった」「入ろうとした保険で、健康上の問題などから診査段階で加入できなかった」など、保険に加入することが難しくなったシニア世代から注目を集めています。シニア入院保険は、大きく分けると、死亡後に保障が受けられる死亡保障型と、入院費などの医療費が保障される医療保障型があります。このシニア入院保険は、加入しやすいというメリットがある反面、リスクが高い人向けの商品なので、一般の保険よりも生命保険料は割高になっているようです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
サプリメントプランナー Hitomi Ooishi

サプリメントプランナー Hitomi Ooishi

3年前に原因不明の体調不良に陥り、
約半年、ほぼ寝たきりのような生活を送ったことがきっかけで、
生活習慣、特に食事を徹底的に改善する。

その際、国内外の医学博士が執筆した健康関連(最新医学から東洋医学、アーユルヴェーダなど)の書籍を1000冊以上読み、実生活で実践する。


数々の書籍を読み、腸内の良し悪しが健康に大きく関わっていることを知り、腸活を実践。

長年悩まされていた便秘、大人ニキビはほぼ完ぺきに改善。それ以来、年に一度は風邪を引いていたが今ではまったく引かなくなった。


現在でも、月に最低20冊ほどの健康関連書籍を読み、知識と自分の体をより良い状態に高めている。

⇒詳しい自己紹介とご相談はこちら

-介護, 知恵や予備知識など
-

Copyright© サプリメントランキングドットコム , 2018 All Rights Reserved.